【リアル&オンライン版】 Top3%の人材が実践する、ボス・マネジメントのスキル 
〜フォロワーシップ(部下力)で組織を動かせ! 〜
伊庭正康(いばまさやす)
伊庭正康(いばまさやす)
ワクワクづくりコンサルタント (元 リクルート関連会社 代表)/株式会社らしさラボ代表取締役

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 若手~中堅組合員の方々

●企業 若手~中堅従業員の方々

講師からのメッセージ

権限を持たない若手社員が組織を動かす役割を担うケースが増えています。
たとえ権限がなくても、上司を支援するフォロワーシップがあれば組織に影響力を持つことは十分に可能です。
カーネギーメロン大学のロバート・ケリー教授が提唱した「フォロワーシップ」の考え方をベースに、
現代組織でのフォロワーシップの発揮法を学習します。

■期待される効果
フォロワーシップを発揮することで職場に良い影響力を持てるようになります
上司、先輩など周囲がより協力してくれるようになります

内容

01
フォロワーシップとは

・ボスマネジメントとニアリーイコール
・フォロワーシップとは、組織を良くするために上司の盲点や不足を把握したうえで、
 積極的にサポートし、また後輩や同僚が成果をあげられるように支援する姿勢のこと
・理想的なフォロワーとは、提言を行い、それだけでなく、協働する姿勢を示す人のこと

02
フォロワーシップのタイプを知る

・自分のフォロワーシップタイプをセルフチェック
・「上司への主張力」×「仲間との協業力」によって類型される5つのフォロワーシップ
 1.理想型(Top3%の主体性) 2.孤立型(上司にとぶつかる) 3.順応型(指示通りに行動)、
 4.消極型(言われたことはキチンとやる) 5.客観型(意見は言うが本気さが伝わらない) 
・それぞれのタイプの特徴と問題点

03
理想型のフォロワーシップを獲得するための対策

・問題提言力を高めるために
・「気づかない問題」と「その真因」に気づく方法
・上司に提言するための話の持ち掛け方
・DESC法と、アサーティブコミュニケーション


※リアル講演との違い、カスタマイズなど
・通常、全体の7〜8割はワークやディスカッションで構成しています。
 オンライン講演の場合もほぼ同割合で構成しますが、ディスカッションが難しい場合、
 【個人ワーク】を多く取り入れ、主体性をもって参加しやすい構成にします。
・ワークの内容共有や簡単なアイデアのシェアなど、参加者からの発言機会をつくり、
 双方向コミュニケーションが取れる工夫をしています。
・リアル講演と同様、「体感」「体得」ができるワークを用意しています。

担当者より

 

youtubeチャンネル 塾ちょーの部屋vol.8

 

 

リーダーが正解を持ちにくい時代。もはやリーダー1人のリーダーシップだけで組織をひっぱることに限界があります。

そこで最も注目されるのがフォロワーシップ(部下力)理論。

上司を支える部下を育てる人気のカリキュラムです。

若手職員・社員に限はなくとも、上司を支援するフォロワーシップがあれば組織に影響力は与えることは十分に可能なのです。

(紀三井省次)

 

 

 

 

直接組合との関わりはありませんでしたが、当社にて労組セミナーを受講していただき、

 労組マーケットレクチャーを聴いて頂いた上で、 組合向けコンテンツを共同作成いたしました。100労組以上の実績あり。

●オンライン実績は多数あり、自身でyoutubeされるほど、オンライン関係はお得意です。  

 

 

●講演実績

地銀労組、ザクティ労組、三洋化成工業労組、大日本住友製薬労組、中外製薬労組、

みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、西日本銀行、アルフレッサ株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、

キヤノンマシナリー株式会社、JSR株式会社、塩野義製薬など多数(※敬称略)

 

 

オンライン講演記事

 

【オペレーション日記】vol.62 ~伊庭正康さん~

 

【オペレーション日記】vol.60 ~三者オンライン事前打ち合わせ~

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.63

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.58

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.54

 

【オペレーション日記】vol.14 ~伊庭正康さん~

 

【オペレーション日記】vol.1 ~伊庭正康さん~

 

 

講演テーマ一覧】 

1.リーダーシップに資質はいらない! 〜チームをワクワクさせる!リーダーシップの心得 〜

【オンライン版】 リーダーシップに資質はいらない!

 

2.リモートワーク・テレワークでも安心! 〜自宅にいながら、集中力を高める、集中&時短技!〜

【オンライン版】 リモートワーク・テレワークでも安心!

 

3.あらゆる人と良好な関係を築く  〜ソーシャルスタイルコミュニケーションの極意 〜

【オンライン版】 あらゆる人と良好な関係を築く 

 

4.成果を上げる時短 〜定時に帰れて成果アップ〜

【オンライン版】 成果を上げる時短

 

5.Top3%の人材が実践する、ボス・マネジメントのスキル  〜フォロワーシップ(部下力)で組織を動かせ! 〜

 

 

6.セルフモチベーション実践講座  〜ストレスコーピングで、モチベーションはどんな状況でも高められる〜

【オンライン版】 セルフモチベーション実践講座 

 

7.成果を上げる時短Part2  〜本気のセカンドステージ神速仕事術編〜

【オンライン版】 成果を上げる時短Part2 

 

8.モチベーションアップセミナー  〜自分自身の持ち味(らしさ)を活かしたキャリアの在り方を考える〜

【オンライン版】 モチベーションアップセミナー 

 

9.課題解決のためのロジカルシンキング 〜やさしいロジカルシンキング入門研修〜

【オンライン版】  課題解決のためのロジカルシンキング

 

10. 課題解決のためのロジカルシンキング 〜ロジカルシンキング実践編〜

【オンライン版】  課題解決のためのロジカルシンキング

 

11.チームビルディング研修 〜強いチームを作る!リーダー育成プログラム〜

【オンライン版】  チームビルディング研修

 

12. ソリューション営業実践研修 〜提案力を高めるセールスアドバイス〜

【オンライン版】  ソリューション営業実践研修

 

13.ムダを無くし価値提供を高める仕事を 〜タイムマネジメント研修〜

【新入社員研修】 ムダを無くし価値提供を高める仕事を

 

14.自分自身の持ち味(らしさ)を活かした、キャリアの在り方を考える 〜モチベーションアッププログラム〜

【オンライン版】 自分自身の持ち味(らしさ)を活かした、キャリアの在り方を考える

 

 

※伊庭正康さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)

  https://onl.tw/wRjhHD4

 

 

視聴者ご感想

・大変良かった、満足しています。内容的にも参考になり、明日から活かせる内容が多く、参加者満足度も高かったです。

・今回新たな試みで新事業開催しましたが、伊庭先生のお陰だと思っています。

 どこの企業もだと思いますが、「働き方改革」「時短」は組織課題と言ってもいいニーズですので、組合員の興味の高さも伺えた。

・従業員に「タイプ別コミュニケーション」を学習させたい。

 タイプに応じて、これほどまでに「視界」が異なることをはじめて知りました。

・リクルート時代は、成果主義で超ハードな営業を続けてきたそうですが、これからはそういう会社はダメだといいます。

 社員が仕事に満足でき、ワクワクするような仕掛けをすることで、会社は劇的に楽しくなり業績が上がる。

 いろいろな実際にあったエピソードを散りばめながらお話しされましたが、なるほどと頷け、聞いていて感動すら覚えました。

・とても良かった!参加者アンケート見ても大半が「満足した」という回答でした。

 一方的に話されるだけでなく、ワークなど参加者自ら考える進行だったのも良かったです。