【オンライン版】 あなた史上最高のコミュニケーション力を手にする! 
〜社内外の対人関係が3倍面白くなる〜
桑名涼子(くわなりょうこ)
桑名涼子(くわなりょうこ)
トーク心理クリエイター/司会者/ナレーター/エッセイスト/k-wish代表取締役

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 全階層の方々(若手組合員から組合役員まで)

●営業・接客部署を含む全ビジネスパーソンの方々

●サービス 従事者 全般 (サービス業・接客業など)

講師からのメッセージ

コミュニケーション力のベースはセルフコミュニケーション。
「自分自身と調和し、自分らしく人と接することができる力」がそのまま対人コミュニケーションに反映します。
自分自身に負荷をかけすぎることなく、対人関係で悩んでいたエネルギーを、目標達成や心地よい時間をすごすための
ポジティブなエネルギーに変換し生き生きとした日々を送りましょう。
今までとは違う視点から、ゆるぎないコミュニケーション力を手にするための様々なプランをご提案させて頂きます。


■期待される効果
顧客の心を掴み、接客・営業で成果を上げる人材が増える
社内外のコミュニケーションが円滑になる
モチベーションが上がり意欲的になる
プライベートでの人間関係での悩み減少する

内容

01
自分史上最高のコミュニケーション力とは!?
02
自分の強みと魅力を知る

・すべてはセルフコミュニケーションから始まる

03
すべての基本は体と脳が柔らかさ
04
効果的なイメトレ法で理想通りの関係に

・効果的なイメージトレーニングで成果を上げる

05
苦手な人への万能対処法
06
「振り回されない人」になる思考法

・悩みみを減らす対人コミュニケーション

07
人生が変わる「言葉」の活用法 

担当者より

 

人の悩みのほとんどが、人間関係とお金の悩みだと言われています。

 コミュニケーション能力を上げると人間関係の悩みが少しは解消され、気持ちが楽になりそうです。

 対人コミュニケーションの根底にあるのは、セルフコミュニケーション、自分との調和です。

 自分自身と調和が取れれば、理想的な対人コミュニケーションが始まります。

 「あなた史上最高のコミュニケーション力」とは、自分と気持ちよく調和をとって、魅力に磨きをかけ、

 人間関係の悩みを極力減らして、そのエネルギーを自分自身のために使うということです。

 「あなた史上最高のコミュニケーション力」を手にするための様々な提案を致します。』

 

 

●講演実績

※講演実績、オンライン講演(ウェビナー)実績多数あります。

※地方銀行従業員組合、日本生命保険相互会社労働組合、ネッツトヨタ労働組合、名鉄観光サービス労働組合、三協立山アルミ労働組合、

 セラミックス産業労働組合連合会関東地方本部、フジタ株式会社職員組合、松下電器産業株式会社 、トヨタ部品神奈川共販、

 キヤノン株式会社、株式会社内田洋行、富士ゼロックス東京株式会社など講演実績多数あり。(※敬称略)

 

●オンライン講演記事

【オペレーション日記】vol.40 ~講師One to Oneミーティング~

 

 

※桑名涼子さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

 https://onl.tw/ysvXqeM

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.あなた史上最高のコミュニケーション力を手にする!  ~社内外の対人関係が3倍面白くなる~

 

 

2.魅力拡大プロジェクト ~自分らしさが奇跡を起こす!~

【オンライン版】 魅力拡大プロジェクト

 

3.会話力でチャンスをつかむ! ~運気と対人力を上げるトーク心理学~

【オンライン版】 会話力でチャンスをつかむ!

 

4.1万人の前でも堂々と話すために ~あがらずに自分らしく聴衆を魅了する~

【オンライン版】 1万人の前でも堂々と話すために

 

5.声紋分析で自分の強みが分かる! ~適正が分かる!~

【オンライン版】 声紋分析で自分の強みが分かる!

 

 

視聴者ご感想

・名刺の出し方、席の座り方ひとつで、相手に与える印象がここまで違うとは思ってもいませんでした。

 第一印象の重要性と磨き方も大変参考になりました。ビジネスとプライベート両方に活かしていきます。

・「コミュニケーション力を上げる心理トリック」には、笑いがあったし、 楽しくリラックスして参加することができました。

 講演が終わったあと、「話し方が上手だった」という声が多く、他の講義で居眠りしてた社員もバッチリ起きてました。

・とても心に響く講演でした。私もユーモアを持って積極的にコミュニケーションをとっていこうと心がけます。

・ほんの少し語尾を変えるだけで、相手の名前を何度も呼ぶだけで、こんなに印象が変わるとは。

 実践を交えた講演が、楽しかったです。

・「ネガティブなところがあってもいい」という言葉に勇気づけられました。

 また、「やる気は、やらなければ出てこない」というひとことは、 分かっているようで、分かっていなかったかもしれません。

・認知的枠組みという言葉、初めて知りました。 自分の思ったようにいい空気を作る方法が、いちばん印象に残りました。

・空気が読めるか読めないか、その秘密が「脳梁」隠されていたということがいちばん印象に残った。

 空気を読むっていちばん大事なこと。脳梁トレーニングは参考になった。