【リアル&オンライン版】 ストレスに対抗し、仕事の能率を上げるには
森山佐恵(もりやまさえ)
森山佐恵(もりやまさえ)
生活習慣研究所 所長

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 全階層の方々(若手組合員から組合役員まで)

●企業 ビジネスパーソン全般(若手従業員から管理職まで)

講師からのメッセージ

現在も、救急医療の非常勤看護婦として勤務している実体験より、
健康の大切さ・日常の意識の持ち方などを多くの方にメッセージしていきたい。
またストレスに強くなる 食事・食品のとり方や、脳の筋肉を刺激する体操(遊び感覚のゲーム)や、
自己投資する感覚を身につけるにはどうしたらよいか?
などを笑いも交えながら為になる講演をします。

内容

01
医療現場の現状・ストレス放置の代償を知る

・救急現場での現状

02
家族がわからない仕事場のストレス状況

・パワハラの有無
 業務内容は?職場環境は?

03
目に見えないこころの可視化~こころの健康診断~

・ストレスチェック制度
 1.労働安全衛生法  
 2.2015年12月より従業員に対する 「ストレスチェック」の実施と義務化が開始  
 3.「従業員数50名以上の企業」が対象

04
ストレスチェック制度の課題

・予防対策としては効果がうすいのでは?  
・正確な回答が集まらないのでは?  
・企業のメンタルヘルス対策につなげられるか?

05
ストレスチェック導入で期待できるメリット

・労働者は病欠での給料の減少を防ぐことができる
・事業者は損害賠償などの経済負担を防ぐことができる

06
主な精神疾患

・うつ病:環境のストレスなどが引き金
・統合失調症:進学・就職・独立・結婚・離婚・退職などの人生の進路における変化
・不安障害:発症前1年間のストレスが多い 
      (小児期に親との別離体験をもつなどの心理的要因があるケースが多いとも言われている)

07
ストレスに強くなる4つの方法
08
心の整理方法

・悩みを書き出す
・できること、できないことを分けて書き出す
・できることの優先順位を決める

担当者より

 

20年以上携わっている医療の現場では、発病した本人や家族の口惜しさを痛感し、

生活習慣病予防の促進活動の重要性を確信しました。 また結婚・出産・子育て・家事と両立させながら医療現場の最前線で活躍。

家族や社会人の健康管理の他、介護・ストレス・うつ病・児童虐待問題など、幅広い経験に裏付けられたメッセージを伝えます。

 

 

●講演実績

※地方銀行従業員組合、化学メーカー系労組、化粧品メーカー労組、エネルギー系労組など労組実績多数あり。 

 住友化学労組、全国ガス東海北陸地方連合会、日本メナードユニオン、  住友生命、松下電工、北海道新聞社、

 NTTデータ、関電サービス、きんでん、岐建、レイビ、日本国土開発、松井建設、関西電力ほか多数(※敬称略)

 

※オンライン講演(ウェビナー)実績もあります。   

 

 

●オンライン講演記事

【オペレーション日記】vol.71 ~森山佐恵さん~

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.75

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.66

 

 

※森山佐恵さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

 https://adobe.ly/3omgunH

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.今日が一番若いあなたへ 〜未来のあなたからのメッセージ〜

【リアル&オンライン版】 今日が一番若いあなたへ

 

2.医療現場からの介護 〜現役ナースが語る理想と現実〜

【リアル&オンライン版】 医療現場からの介護

 

3.笑顔円満夫婦のメソッド 〜交し合いましょう!“お互いの取り扱い説明書”〜

【リアル&オンライン版】 笑顔円満夫婦のメソッド

 

4.ストレスに対抗し、仕事の能率を上げるには

 

 

視聴者ご感想) 

・関西口調で面白おかしく、飽きさせないように話していただき、内容としてもわかりやすかった。   

 質疑応答もわかりやすく答えていただき、感謝しています。 

・健康に関するお話は、どこでも情報を得ようと思えば得ることはできます。しかし、知識ではなく、実践が大事。   

 森山先生は、医療現場に携わっておられ、その目線で実践に重きをおいて、かつ受講者の主体性をうながすように話して下さいました。 

・いつもながら(というより例年以上)のパワフルなご講演と、体を使ったワークで、   

 受講生の皆さんも、リラックスした雰囲気で受講いただけたように感じております。 

・反応は非常に良かった。内容の、健康に高い世代でもあり興味深い内容でした。   

 例年継続してる事業だが「毎年呼んでください。」という声もあった。