【オンライン版】 個人の習慣を変え、結果を出す 
〜働き方改革としての「仕事の高密度化」〜
古川武士(ふるかわたけし)
古川武士(ふるかわたけし)
習慣化コンサルティング株式会社代表取締役

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

●企業 管理職・リーダー職の方々(課長、部長など)

講師からのメッセージ

貴社では、社員の働き方で次のような要因はありませんか?
・残業削減、生産性向上は課題だが何をしていいか分からない
・「残業を減らせ」の精神論だけでは社員が受身になる
・社員の成果に対して残業時間が多すぎると強く感じている
・自分の仕事のやり方をカイゼンし続けている社員が圧倒的に少ない
・残業時間を大幅に減らせるのか有効な手だてがない

残業削減が急務課題のビジネスパーソン向け体験型ワークショップです。従業員に退社時間だけを強制しても不満が続出。
「人事は分かっていない」と受身の従業員が増える一方です。仮に強制力で一時的に削減できても、受身の姿勢からは継続的な改善は見込めません。
仕事の高密度化習慣プログラムでは、強制力ではなく、従業員が自律的に単位時間あたりの生産性を高め続けたくなる習慣化メソッドをご紹介します。

■期待される効果
生産性を高める成果最大化と業務効率化の視点を学ぶ
高密度化の3つの原則を押さえることで、残業削減の環境をつくる
時間の見える化の効果を理解し、高密度PDCAを回せるようになる
高密度化5つの手法を一週間に1つずつ対策することで効率化する
一時的な研修ではなく、継続的に残業を減らし習慣化できる

内容

01
習慣化の技術を知る

・習慣化が人生を豊かにする理由、ライフマネジメント別習慣
・なぜ続かないのか?、習慣化3つのレベル
・習慣化の三原則
・反発期(やめたくなる)・不安定期(振り回される)・倦怠期(飽きてくる)

02
理想の生活習慣を描く

・理想と現実のスケジュールを描く理由
・センターピンとボトルネックを抑える
・理想のスケジュールを書く【※個人ワーク】

03
働く密度を高めて残業を減らす

・なぜ残業は減らないのか?
・高密度化の3原則
 対策1.シングルモードで徹底的に集中する
 対策2.最重要の仕事を朝一番に片づける
 対策3.先延ばしをなくす
 対策4.突発をコントロールする

担当者より

 

仕事の質を高める=働き方の習慣を変える ・・・

組織要因と個人要因がありますが、個人要因をターゲットに講演を展開されます。 

 

※古川武士さんより

「時短」という言葉が一般的に語られますが、私は「高密度」と提唱しています。

 仕事の高密度化とは「単位時間あたりの仕事の生産性を極限まで高める」ための体系的な技法です。

 多くの企業では、退社時間を社員に守らせる方法に始終しがちです。

 しかし社員は「仕事の量が減らないとどうしようもない」と受身的になりがち。

 そこで仕事の生産性を高める体系的な手法を教え、それを習慣にすることを促すことが重要です。』

 

 

●講演実績

地方銀行従業員組合、塩野義製薬労組、製薬系労組、ソリューション系労組、エネルギー系労組、電気メーカー系労組など10組合以上の講演実績あり。

オンライン実績も豊富です。 (※敬称略)

 

導入実績

・大手化学メーカー 1,500名の働き方改革、全国6工場、2事業所    

・大手独立系システム会社 一般社員、高密度化研修  部課長グループコンサルティング  

・大手総合電機メーカー  働き方改革 100名 3時間講演    

・大手総合商社  1事業部の働き方改革  2016年度 キャリアビジョン支援研修 

・中堅情報システム会社  手挙げ研修 30名 半日研修   

・銀行系コンサルティング会社  経営者大会(東京、大阪、名古屋)2時間講演、

・大手生命保険会社  カスタマーサポート部 業務改善プロジェクト   

・大手精密機器メーカー  課長研修 30名 1日研修 

・大手住宅メーカー  一般社員 30名 1日研修  会議改革プロジェクト    

・大手食品メーカー  大阪支社 業務改革研修   

・大手ITメーカー  事業部部長講演   

・大手タイヤメーカー  労務部向け働き方改革   

・大手信託銀行  手挙げ研修研修 

 

●オンライン講演記事

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.50

 

【オペレーション日記】vol.40 ~講師One to Oneミーティング~

 

 

※古川武士さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

 https://onl.tw/sa7VBRK

 

 

講演テーマ一覧】 

1.個人の習慣を変え、結果を出す  ~働き方改革としての「仕事の高密度化」~

 

 

2.個人の習慣を変え、結果を出す ~「仕事の高密度化」でモチベーションアップ!~

【オンライン版】 個人の習慣を変え、結果を出す

 

 

視聴者ご感想

・目標を達成するためには、やるべき課題に地道に取り組むことが必要不可欠ですが講演聞くまでは難しいイメージがありましたが、  

 目標を達成するために必要不可欠な「習慣化」を学び、デキそうな気がしてきました。

・決して難しい内容ではなく、取り組みやすいメソッドでした。

・参加者にあった例を入れてくれたり、働き方改革で他社で取り組んでいることなど、  

 自身がやってきたことなどを身近な話題として入れるところも分かりやすかった。

・大好評でした!参加者からも「勉強になった」「参考になった」という声が多かったです。  

・あくる日のGDでも色々話が出ました。質問も多く出て、「高密度化」ということで、古川さんの経験に基づく話と、  

 自分たちが抱える課題・ギャップについて聞きたい組合役員が多かったです。