【リアル&オンライン版】 今日が一番若いあなたへ
〜未来のあなたからのメッセージ〜
森山佐恵(もりやまさえ)
森山佐恵(もりやまさえ)
生活習慣研究所 所長

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 全階層の方々(若手組合員から組合役員まで)

●企業 ビジネスパーソン全般(若手従業員から管理職まで)

講師からのメッセージ

「ココロとカラダを元気にする現役ナース」の講演です!
ニッポン一億総活躍社会・・・私達医療現場ではすでに70代ナースが活躍しています。
いつまでも元気に働けるカラダが求められています。
そのために日常生活のちょっとした健康管理を今日からしてまいりましょう。

今日から簡単にできる生活習慣行動を知ることで、健康に対する意識を高めることが出来ます。
セルフケア・健康管理により職場の生産性向上を高めましょう!

■期待される効果
より身体のことに興味を持ち、健康的な生活を送るようになります
徹底して”楽しむこと”に視点を置いた健康習慣理論なので、効果抜群です

内容

01
関心ごとは介護、寝たきり その原因とは?

・認知症の増加
・メタボの放置
・運動習慣がない
・超高齢化

02
あなたの3つの健康の守り方
03
あなたはどう?ロコチェック

・7つのロコチェック

04
生活習慣病はとどまらない ドンドン重症化していく
05
生活習慣病予防 食事で改善

・運動、食事調整で変身

06
記憶力クイズ あなたは何個覚えられる?
07
今日の健康目標は必ず未来に繋がる

・キッカケ =いつから 今日から
・じゃあ!やってみよう =行動 やる
・努力 =楽しい 誰が何も言っても


==============================================
※同コンテンツは、リアル(対面式)講演でもオンライン講演でも対応可能です。  
 大筋の内容は変わりませんが、デリバリー(講演の進め方)は若干変わる可能性がございますので、  
 ご了承ください。 


※個人ワーク・グループワーク・ディスカッションなどアクティビティ重視!のオンライン講演です。

担当者より

 

明るく元気にやろうと思っても、仕事がいっぱいで時間に追われて、疲労困憊。

また、職場の中でのコミュニケーションがうまくいかず、仕事の効率が悪いなど課題はいっぱい。

看護師でもある講師が、具体的事例を挙げながらそのような問題の解決についてお伝えします。

 

 

●講演実績

※地方銀行従業員組合、化学メーカー系労組、化粧品メーカー労組、エネルギー系労組など労組実績多数あり。 

  住友化学労組、全国ガス東海北陸地方連合会、日本メナードユニオン、  住友生命、松下電工、北海道新聞社、

 NTTデータ、関電サービス、きんでん、岐建、レイビ、日本国土開発、松井建設、関西電力ほか多数(※敬称略)

 

※オンライン講演(ウェビナー)実績もあります。   

 

 

●オンライン講演記事

【オペレーション日記】vol.71 ~森山佐恵さん~

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.75

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.66

 

 

※森山佐恵さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

  https://adobe.ly/3omgunH

 

 

講演テーマ一覧】 

1.今日が一番若いあなたへ 〜未来のあなたからのメッセージ〜

 

 

2.医療現場からの介護 〜現役ナースが語る理想と現実〜

【オンライン版】 医療現場からの介護

 

 

3.笑顔円満夫婦のメソッド 〜交し合いましょう!“お互いの取り扱い説明書”〜

【リアル&オンライン版】 笑顔円満夫婦のメソッド

 

4.ストレスに対抗し、仕事の能率を上げるには

【リアル&オンライン版】 ストレスに対抗し、仕事の能率を上げるには

 

 

視聴者ご感想) 

・関西口調で面白おかしく、飽きさせないように話していただき、内容としてもわかりやすかった。   

 質疑応答もわかりやすく答えていただき、感謝しています。 

・健康に関するお話は、どこでも情報を得ようと思えば得ることはできます。しかし、知識ではなく、実践が大事。   

 森山先生は、医療現場に携わっておられ、その目線で実践に重きをおいて、かつ受講者の主体性をうながすように話して下さいました。 

・いつもながら(というより例年以上)のパワフルなご講演と、体を使ったワークで、   

 受講生の皆さんも、リラックスした雰囲気で受講いただけたように感じております。 

・反応は非常に良かった。内容の、健康に高い世代でもあり興味深い内容でした。   

 例年継続してる事業だが「毎年呼んでください。」という声もあった。