【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.4

既に200ホスト以上の経験がある塾長が机上の空論ではなく、実際経験した中からお伝え致します。

・・・前号では、「ホスト・共同ホスト・ゲスト」の関係性について書きましたが、今回は“ホストの役割”について。

―ホストの役割とは?―

ホストを単なる“架空の会議室”を作り、参加者(ゲスト)を招くだけの役割に捉えがちですが、ホストの真の役割は、“参加者(ゲスト)にいかにご満足頂ける空間・時間をマネジメント出来るか?”なんです。

ホストとしてオンライン事業をマネジメントし、円滑に運営していくために、大事な要素が3つあります。

ーホストとして大切な3つの要素ー 

オペレーションの各種スキル

これを身につけないことには始まりません。誰も教えてくれませんから、能動的に学ぶ必要があります。“待ち”の姿勢では成長はありません。お客さま、講師が関心するオペレーション力を身につけてこそ、エージェントとしてのホストとしての信頼性が成り立ちます。どんどん積極的に体験していくことが大事です。

ディレクション力

進行・管理能力のことです。オンライン事業の全てを仕切り、的確に指示していく能力が求められます。多方面に目を配り、自らも手を動かしながら全体を管理する➰という、“総指揮”みたいな役割が必要不可欠です。

巻き込み力

相手から自分への協力を引き出す能力のコト。心技体という言葉にあてはめると・・・❶が技、➋が体だとすれば❸心が必要です。

ーアツい想いー

それらに加えホストとして大事なことが、「オンライン事業を成功させる!」「ゲストである参加者にご満足頂きたい!!」というアツい想い。

これがあるから、周囲のサポートを獲得し、ポジティブな空気感を生み出すコトが出来ます。

・・・いかがでしょうか?オンライン講演事業に取り組まれる執行部さんのご参考になれば、幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。