【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.2

―オンライン事業を創めるにあたり―

初めて講演企画を担当される方にとって、講演事業開催する際に、どんな講師を呼べばいいのか、会場手配やその他の準備物はどうすればいいのか…一体どこから手を付けたらいいのか分からない!などの不安がつきものではないでしょうか⁉️

既に200ホスト以上の経験がある塾長が机上の空論ではなく、実際経験した中からお伝え致します。

―配信アプリについて―

今回は“配信アプリ”の種類

皆さん、ある程度はご存知かと思いますが、講演事業の配信アプリとしてポピュラーなのが、zoom、Microsof Teams、Webex Cisco、YoutubeLiveなどでしょうか?

塾長は全部経験ありますが、結論から言いますと、講演事業に最適な配信アプリは“zoom”です。

―zoomを推奨する理由―

様々な機能が装備されていますから、使いこなすコトが出来れば他の追随を許さない・・・が正直な感想です。

一時、セキュリティ問題が出ましたが、かなり改善されてきているので、ほぼ心配ないと思います。

単にセミナーを開催するだけなら、他のアプリでも充分対応出来ると思いますが、ホスト目線で言うと、講演部分含めた開会から閉会までの事業進行全てをオンラインでマネジメントしないといけません。

―参加者(ゲスト)ファーストとエンターテイメント性―

参加者ファーストという目線でも、参加者の皆さんが飽きないように、疎外感を感じないようにするには、やはりある程度の“エンターテイメント性”をスパイスとして加えることか出来るzoomがベター。

表現者の講師目線で見ても、Teamsのようにカメラオンの人数制限がないことや、ブレイクアウト機能など、アクティビティの幅が広がるzoomがベター・・・というのが塾長の考えです。

・・・いかがでしょうか?オンライン講演事業に取り組まれる執行部さんのご参考になれば、幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。