川口宏之(かわぐちひろゆき)

公認会計士/川口宏之公認会計士事務所 代表
川口宏之
1975年栃木県生まれ。東京都在住。 2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。 2006年国内大手金融グループ系証券会社にて、主に新規上場における引受審査業務に従事。 2008年これまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。バックオフィス業務全般(財務・経理・総務・法務・労務・資本政策・上場準備)を担当。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収などで成果を上げた。その後、独立系の会計コンサルティングファームにて、IFRS導入コンサルティング業務や決算支援業務、各種研修・セミナーの講師等を担当。「監査法人」「証券会社」「ベンチャー企業」「会計コンサル」という、4つの視点で「会計」に携わった経験を持つ、数少ない公認会計士。これらの経験をもとに、「会計」という一見とっつきにくいテーマを、図解で分かりやすく説明することに定評がある。これまでの受講者アンケートでは、5段階評価で平均4.8という高い満足度誇る。

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

栃木県、東京都

プロフィール

独自の図を用いた会計セミナーが、多数のビジネスパーソンから「財務諸表が簡単に読めるようになった」「苦手意識がなくなって意欲が湧いてきた」と評判。そのセミナー内容をまとめた書籍『決算書を読む技術』(かんき出版)を2013年に上梓。難しい会計理論を図解で分かりやすく説明することに定評がある。

※早稲田大学会計大学院 非常勤講師(2011年~2018年)

※資格・肩書:公認会計士/日本商工会議所簿記検定 1級/証券外務員資格試験一種/内部管理責任者

※連載:『図解で分かる「決算書」の仕組み』(夕刊フジ・2013年~2018年)  
    『新人経理マン・金児浩平の注釈書』(週刊税務通信・2016年~現在連載中)       
    『ビジネスに役立つ「会計力の活かし方」』(ZEIKEN PRESS・2020年~現在連載中)


略歴

1975年
栃木県生まれ
1988年
専修大学経営学部卒業。
2000年
有限責任監査法人トーマツに入所。主に上場企業の会計監査業務に従事。
2006年
国内大手金融グループ系証券会社にて、新規上場に伴う引受審査業務および既上場企業のエクイティファイナンスに伴う引受審査業務に従事。
2007年
これまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。バックオフィス全体を統括。ベンチャーキャピタルからの資金調達、株式交換による企業買収なども実現。
2009年
ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社にて、決算支援業務やバックオフィス支援業務、各種セミナー講師を担当。

主な講演テーマ

  • 【オンライン版】 組合役員のための
    ~  わかりやすい財務諸表の読み方 ~
    組合役員向け 時局・経済

主な講演実績

 

●講演実績

みずほ総研、SMBCコンサルティング、プロネクサス、アビタス、オービック、アイデム、金融財務研究会、

埼玉県経営者協会、静岡県労働金庫、日本新聞協会、奈良県町村議会議長会など多数(※敬称略)

 

●オンライン講演記事

【オペレーション日記】vol.41 ~三者事前打ち合わせ~

 

【オペレーション日記】vol.47  ~川口宏之さん~

 

【真のホスト道を極める方法】~ ライバルはローランド⁉️~vol.50

 

 

※川口宏之さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

 https://onl.tw/U87fgLn

 

 

視聴者ご感想

・とても分かり易い内容で、説明も丁寧でしたし、オンラインでしたが聞き取りやすい話し方でした。 

 内容的にも実例を交えながら、図に書き起こしたり、ワーク・計算もあったので、 

 単純に聞くだけより、理解が進みました。本当にありがとうございました。

・講演については、大変参考になりました。私自身、40年以上前に簿記を学んだことがあったのですが、

 その当時の捉え方と違い、図として整理することで、直感的に理解できて、良い手法だと思いました。

・初心者にもわかりやすく、勉強になりました。講師の川口先生も、聞きやすく良かったと思います。

・とても分かりやすくお話しいただける講師の先生だったので、とっつきにくい決算書の話題でしたが苦なく参加することができました。