【班長・主任研修】 フォロワー型リーダー入門講座
〜部下とチームの成長を促す「リーダーシップ」のすすめ〜
吉田幸弘(よしだゆきひろ)
吉田幸弘(よしだゆきひろ)
承認アドバイザー/コミュニケーションデザイナー/上司向けコーチ

想定する視聴者(Suppose Audience)

●企業 管理職・リーダー職の方々(班長・主任など)

講師からのメッセージ

班長・主任になると、上司を上手く補佐しながら、部下を育成する「フォロワーシップ」と「リーダーシップ」の素養を求められます。

本研修では「リーダーシップ」「フォロワーシップ」の基本および構成要素を、すぐ実践できる形式で解説していきます。
また部下や後輩に対してプレイヤーとしてのロールモデルを目指すべく、
「時間の使い方」「仕事の進め方」「ストレス耐性の高め方」等も見直していただき、
プレイヤーとしての総合力を高めていただけます。

■期待される効果
メンバーの主体性を尊重し、仕事を“やらせる”のではなく“任せる”ことで、信頼や尊敬を集めることができる
組織内・職場内コミュニケーションが円滑になり、自主的に協力し合い、能力を高め合える風土が生まれる

内容

01
班長・主任に求められている役割を知る
02
リーダーシップの素養を身につける

・リーダーシップとは
・リーダーに必要な5つの要素を身につける【※ワーク】
 1.心理的安全性を高める  2.傾聴力を磨く
 3.アンガーコントロールを身につけ、平常心を保てるようにする
 4.決断力を高める  5.適正なフィードバックをできるようにする
 

03
フォロワーシップを高める

・フォロワーシップとは
 上司をマーケティングする
・上司への補佐力を高める【※ワーク】
・対立を恐れない伝え方(コンフリクトマネジメント)を学ぶ【※ワーク】

04
プレイヤーとしてのスキルを高める(常識力を高める)

・部下や後輩のロールモデルを目指す【※ワーク】
・タイムマネジメント力を高める
・仕事の進め方を見直してみる【※ワーク】
・ストレス耐性を高める
・一つ上の仕事に挑戦する【※ワーク】
 

05
まとめ&質疑応

担当者より

 

班長・主任になると、上司を上手く補佐しながら部下を育成する

「フォロワーシップ」と「リーダー シップ」の素養を求められます。

本研修では上司と部下をマーケテイングし、適切な役割を遂行できるようにすることを目指します。

 

 

●主な講演実績   

商工中金経済研究所/住友生命保険相互会社/三井生命保険株式会社/損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

イオン株式会社 東レ株式会社/新潟県経営者協会/新日鉄住金ソリューションズ株式会社/株式会社NTT東日本-関信越/横河電機労組    他多数 (敬称略) 

 

  

●その他

オンライン実績多数あり。(双方向型研修、ウェビナー講演、ハイブリッド型等)     

 

 

※吉田幸弘さん印刷用プロフィール資料   

  制作:リンクアップビズ    

  https://onl.sc/1NW95sZ

 

 

●オンライン講演記事

7/【新着】講演コンテンツ・アジェンダ集

 

【オペレーション日記】vol.120 ~吉田幸弘さん

 

【講師著書から読み解くビジネスの真髄】⑰

 

 

【講演テーマ一覧】 

1.共感されるリーダーの声掛け 部下のモチベーションを上げて成果を出すリーダーの伝え方

【リアル&オンライン版】 共感されるリーダーの声掛け 

 

2.承認力を身に付ける 周囲が能動的に動き「ホウ・レン・ソウ」をスムーズに行うには

【リアル&オンライン版】 承認力を身に付ける

 

3.強い組織のリーダーがやっている「心理的安全性」の高め方

 ~「言い合える」安心感が部下もチームも成長させていく~

【リアル&オンライン版】 強い組織のリーダーがやっている

 

4.部下を成長させる「フォロワー型リーダー」入門講座

 ~サーバント・リーダーシップで部下の成長を促す~

【リアル&オンライン版】 部下を成長させる「フォロワー型リーダー」入門講座

 

5.働き方改革! 生産性の高まる時間管理術

 

【リアル&オンライン版】 働き方改革セミナー

     

6.部下もチームも成長に導く! 一流のリーダーがやっている仕事の任せ方

【リアル&オンライン版】 部下もチームも成長に導く!

 

7.【班長・主任向け研修】 フォロワー型リーダー入門講座

 

 

  (視聴者ご感想)

・自分の日常を振り返るきっかけになったとの意見が多くあった。

 内勤スタッフの方に労組からアクションを起こせる機会が  多くなく、今回は非常に良い機会となった。

・受講者からも研修内容が大変よかったとのお声を頂きました。知識の習得とともに意識の変容に繋がったと思います。

・とても好評で良い内容でしたので、「次回も是非呼んでほしい」という声が多かった。