【リアル&オンライン版】 共感を得られると人は動く
〜コミュニケーション力の総合的なレベルアップを目指して〜
荒尾千春(あらおちはる)
荒尾千春(あらおちはる)
ビジネススピーチコンサルタント/株式会社チェンジ・アップ代表取締役/東海大学経営学部 特任教授

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 女性組合員の方々

●企業 女性従業員の方々

講師からのメッセージ

人間は感情で動くものです。組合で仲間 の協力を得るには、「感じが良い」、「また話したい」、
「説明がわかりやすく心に響く」というコミュニケーションスキルが重要です。
講演では、人の心が動く「印象」・「聴き方」・「話し方」のポイントをワンポイントレッスン なども交えながら進めます。
良好な関係を築くコツを自ら気づいていただきます。

内容

01
1.言葉の表現

・社内外のコミュニケーションなどで、言葉の表現に戸惑う人は多いものです
・相手の心を掴む、共感を得られるような言葉が使えると、人間関係も良好になったりと様々な効果があります

02
2.表現力アップ

・「これを身に付けたら、必ず表現力が上がる」と思うトレーニング方法
・表現する際に必要な要素や話の構成の仕方など、共感が得られやすい話し方、話の内容、順番について

03
3.コミュニケーションのベースである「相手を思いやる」必要性
04
4.「また話をしたい」と思われる「印象」「聴き方」葉のかけ方」のポイント


・納得を得られやすい話し方 【講義・実習】

05
5.わかりやすく行、動に移しやすい「説得力 のある話」に必要な要素

・相手のニーズ、課題点を引き出す「聴く力」のコツ【講義・実習】
・相手の心を開く8つのコツ  
・質問の4つのコツ

06
6.「伝える」ではなく、「伝わる」話しに必要な要素

・ 【講義・実習】
・話の構成、フレームワークの使い方
・説得力のある内容にするために重要なポイント


==============================================
※個人ワーク・グループワーク・ディスカッションなどアクティビティ重視!のオンライン講演です
※リアル講演との違い、カスタマイズなど  
 ・ワークの内容共有や簡単なアイデアのシェアなど、参加者からの発言機会をつくり、   
  双方向コミュニケーションが取れる工夫をしています。  
 ・リアル講演と同様、「体感」「体得」ができるワークを用意しています。

担当者より

 

●講演実績

※オンライン講演(ウェビナー)経験は豊富です。

 

※労組実績は地銀労組を中心に、多数あります。

 全トヨタ販売労組、西濃運輸労組、全ダイハツ労連、中部電力総連、大日本住友製薬労組ほか多数(※敬称略)

 

※企業研修実績も多数あります。

 西日本シティ銀行、近畿青年税理士連盟 、紀陽銀行、損保ジャパンひまわり生命、三井住友海上、リンナイ株式会社

 京都中央信用金庫、池田泉州銀行、阪急阪神百貨店、豊田信用金庫ほか多数(※敬称略)

 

 

●オンライン講演記事

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.58

 

 

※荒尾千春さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

  https://onl.tw/c2FQgeH

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.共感を得られると人は動く 
 〜コミュニケーション力の総合的なレベルアップを目指して〜

【オンライン版】 共感を得られると人は動く 

 

2.「デザイン思考」で問題解決!
 〜真の課題を発見し、アイデアを創出することでイノベーションを生み出す〜

【オンライン版】 「デザイン思考」で問題解決!

 

3.リーダーに求められるプレゼン力 〜共感を得られると人は動く〜

【オンライン版】 リーダーに求められるプレゼン力

 

4.共感を得られると人は動く
 〜コミュニケーション力の総合的なレベルアップを目指して〜

 

 

5.自らも輝く生き方 〜いきいきと充実感のある働き方を考える〜

【オンライン版】 自らも輝く生き方

 

 

視聴者ご感想

・お陰様で無事に会を開催することができ、大変満足度の高いセミナーとなりました。  

 今回、初めての支部開催で不安もありましたが、和やかな雰囲気で進み、コミュニケーションという部分でも納得する部分が多く、  

 参加組合員の満足度も高かったです。

・参加者も笑顔あふれるような内容で、全般的に良かったです。参加者からも「また行ってほしい」という声があった。

・目的に即した内容、さらに進め方も大変分かりやすく良かったと思います。ワークもあり活気のある講演でした。  

 特に参加者からは「会社に戻り、実践したい」との多くの声をありました。

・とても評判が良かったです。内容的にも今の課題に合った内容でしたので、  

 傘下単組役員さんも「是非、自分のところでも招きたい」という声を多く聞きました。

・良かった!話も聞きやすく、進行も良かった。内容的にもとても参考になった。  

 「ワークライフバランス理論とそれをキチンとこなすためのコミュニケーションスキル」ということで、  

 組合役員・女性組合員ともに学びがあった。