【リアル&オンライン版】 被考課者のためのセミナー
〜面談で自分の想いや実績をしっかり伝える力をつけよう!〜
新名史典(しんみょうふみのり)
新名史典(しんみょうふみのり)
プレゼンテーションコンサルタント/組織開発コンサルタント/株式会社Smart Presen 代表取締役

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 若手~中堅組合員の方々

講師からのメッセージ

・考課する側からすると、「主義主張」だけの部下は対処しにくいと感じています。
 では、どうすれば折り合うのか?その図式を明確につかんでいただきます。

・上司から異なる意見を言われた際に、自分の意見を伝えることは是非やるべきなのですが、
 そのやり方には重要なポイントがあります。それを身に付けます。

・限られた時間で伝えたいことを伝えるには、伝えたいことの整理の方法があります。
 具体的にその作成方法を知ることで、準備が非常に効果的にできるようになります。

内容

01
人はどんな話なら聞きたいでしょうか?

・聞きたくない話とはどんな話ですか?
・言いたいことを言うだけでは伝わらない
・「伝える」と「伝わる」の決定的な違い

02
自分の課題と相手の課題から「共通課題」を見出す方法

・わかりやすさ×聞く態勢で人は動く!
・自分の課題と相手の課題から「共通課題」を見出す
・もし意見が対立したり、怒っていたら?!

03
伝えたい話の論理を見える形で構築する

・短時間で伝える際に絶対にやらなくてはならないこと
・全部伝えない方が「聞く態勢」ができあがる
・共通課題を構成のどこにいれるべきか?

04
人は感情で受け入れ、論理で納得する

・欧米の上司は部下に「ボス側のメリット」を訊く?!


==============================================
※個人ワーク・グループワーク・ディスカッションなどアクティビティ重視!のオンライン講演です

※リアル講演との違い、カスタマイズなど    
 ・ワークの内容共有や簡単なアイデアのシェアなど、参加者からの発言機会をつくり、      
  双方向コミュニケーションが取れる工夫をしています。    
 ・リアル講演と同様、「体感」「体得」ができるワークを用意しています。


※同コンテンツは、リアル(対面式)講演でもオンライン講演でも対応可能です。  
 大筋の内容は変わりませんが、デリバリー(講演の進め方)は若干変わる可能性がございますので、  
 ご了承ください。

担当者より

 

「ビジネスは伝わってナンボ!」をスローガンに活動されている日本唯一 プレゼン専門のコンサルタントです。

豊富な実務経験に裏打ちされた実践的なコンテンツと、理系出身者としての論理や根拠をしっかり押さえたコンテンツの組み合わせは、

製造業や技術系企業のみならず、金融機関などの企業・労働組合に広く受け入れられております。

組合員に被考課者として面談に臨む際に身につけておくべきスキルを習得していただくことで、

面談そのものが考課者、被考課者相互にとって納得し意味あるものとすることが出来ます。

(紀三井省次)