【リアル&オンライン版】 女性従業員向け
〜キャリアデザイン研修〜
小倉 環(おぐらたまき)
小倉 環(おぐらたまき)
株式会社ハーモニーワークス代表取締役

想定する視聴者(Suppose Audience)

●企業 女性従業員の方々

●労働組合 女性組合員の方々

講師からのメッセージ

女性活躍推進・仕事と育児の両立をテーマに企業支援をしておりますが、
様々な要因で人財としての可能性を手放してしまっている、手放さざるを得ない女性に多く出会ってきました。
一方で労働力人口が減少し、どの企業様からも「人が足りない」というご相談をいただきます。
このギャップを埋めるには一筋縄ではいかないのですが、労働環境や制度を整備するだけでなく、
多様な生活背景持った人材同士の「心のすれ違い」「価値観ギャップ」を埋めていくことが重要です。

女性の活躍は、女性だけの問題ではありません。多様な人材を生かすためのファーストステップに過ぎないのです。

■期待される効果
自己効力感を持って組織貢献するキャリア意識を醸成する 組織
上司から期待されている要件を理解した上で、自らキャリアデザインができるようになる
女性特有のライフイベントを踏まえたキャリアデザインができるようになる

内容

01
女性が幸せなライフキャリアを送るために知っておきたいこと

・キャリアとは
・スリーリング(Can、Will、Need)を知る
・キャリアを磨く4ステップ
・階層別求められるビジネススキル・能力を理解する
・現状の強み、弱みスキルチェック
・世代ごとで知っておきたい組織貢献のポイント
・インポスター症候群に気をつける
・女性が職場で活躍するためのセルフマネジメント

02
経験・モチベーションの源泉の再確認

・事前課題:ライフキャリアライン
 ※ペアワーク:ヒロインインタビュー
 ※ペアワーク:働く上での源泉を掘り起こす

03
外部環境の変化・ニーズを知る

・2030年の日本社会の変化予測
 ※ケーススタディ「2030年鈴木さんの働き方」
・テクノロジーの進化で仕事が変わる
・一番近い外部組織「上司からの期待」を知る
・外部環境理解をした上での10年後の業界・自社予測をグループ検討

04
未来の私をデザインする

・「●年後の私」のライフとキャリアをデザインする
・キャリアデザインシート作成
・グループ内発表


==============================================
※同コンテンツは、リアル(対面式)講演でもオンライン講演でも対応可能です。  
 大筋の内容は変わりませんが、デリバリー(講演の進め方)は若干変わる可能性がございますので、  
 ご了承ください。

担当者より

 

●講演実績

※地方銀行従業員組合、大手通信グループ労働組合、医療機器メーカー労働組合、製薬メーカー労働組合、

 大手専門商社労働組合、 大手運輸など、講演実績多数あり。

 

※内閣官房内閣人事局、国土交通省、経済産業省、海上保安庁、人事院、大手通信業、大手監査法人、大手IT企業、大手生命保険会社など多数。

 

 

●オンライン講演記事

6/【新着】講演コンテンツ・アジェンダ集

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.ダイバーシティ推進研修 〜多様な部下を活かすチームマネジメントとは〜

【オンライン版】 ダイバーシティ推進研修

 

2.アンコンシャスバイアス研修 〜ひとりひとりが、イキイキと活躍するために〜

【オンライン版】 アンコンシャスバイアス研修

 

3.イクボス研修  〜多様な部下を活かす・育てる〜

【オンライン版】 イクボス研修 

 

4.効果的なテレワーク時の部下育成コミュニケーション 〜ニューノーマル時代のマネジメントとは〜

【オンライン版】 効果的なテレワーク時の部下育成コミュニケーション

 

5.男性の育児休業取得促進セミナー 〜イクボス研修〜

【オンライン版】 男性の育児休業取得促進セミナー

 

6.女性従業員向け 〜キャリアデザイン研修〜

 

 

7.考課者向け 〜面談コミュニケーション研修〜

【オンライン版】 考課者向け

 

8.フォローアップ研修  〜仕事力アップ講座〜

【オンライン版】 フォローアップ研修 

 

 

※小倉 環さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

  https://onl.tw/FLeDYXp

 

 

視聴者ご感想

・自分の日常を振り返るきっかけになったとの意見が多くありました。

 内勤スタッフの方に労組からアクションを起こせる機会が多くなく、今回は非常に良い機会となった。

・受講者からも研修内容が大変よかったとのお声を頂きました。知識の習得とともに意識の変容に繋がったと思います。

 参加者の属性の中に経験年数が1年目の方がおり、その方達には少し内容が難しかったかもしれません。

・業務改善、働き方の改善は、一朝一夕では解決できない難しい課題です。

 そんななかで、外からの視点から、課題を指摘いただき、「業務改革会議」を演習を取り入れていただいたことは、

 各経営者にとって、新たな取り組みへの大きなヒントになったことと思います。

・とてもわかりやすく、様々な企業や年代の方の教え方をうかがうことができました。

・チェックシートやグループワークなど、自分で考えるような内容もあってすんなり内容が入ってきました。

・具体例が多く、グループディスカッション方式のためわかりやすかった。