【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.19

既に200ホスト以上の経験がある塾長が机上の空論ではなく、実際経験した中からお伝え致します。

・・・リアル(対面式)で開催されていた事業をオンライン開催する場合、最も留意しないといけないのは、講演部分だけでなく、事業全体の進行です。

―リハーサルの実施―

台本が出来たら、オペレーションと併せた出演者によるリハーサル

組合で言うと、書記長さんのMC、委員長さんの挨拶、他執行委員さんによる参加者(ゲスト)出迎えetc.・・・

オンライン進行の中で、顔を出して喋るご担当の方のリハーサルは必須です。

塾長の場合、オペレーションと併せて、ひと通り進行リハーサルを必ず一回は行います。

―リハーサル後のブラッシュアップ―

実際やってみる中で、台本の手直しするケースも出てきます。それらを共有し、あとは本番まで各自練習をして頂く。

参加者(ゲスト)の前で話すのは講師だけではありません❗️

主催者側の出演者のスキルで、オンラインの空気感が変わりますので、オンライン事業におけるエージェント(ホスト)の役割は多岐に渡るんです。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

※オンラインオペレーションを内省化されたい執行部の皆さん、よろしければ200zoom(オペレーション)経験ある塾長が無料でレクチャーさせて頂きます!

・・・いかがでしょうか?オンライン講演事業に取り組まれる執行部さんのご参考になれば、幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。