【オペレーション日記】vol.8 ~川口祐吾さん~

暑い日が続きますネッ。今日は某業界労組の上部団体主催「オンラインセミナー」です!

全国に何百とある傘下単組委員長さんがゲスト(参加者)になります。全員ライブでは視聴できないので、一部の方がご参加され、それ以外の皆さんには当社で編集したyoutube映像をご覧頂くという『個別視聴+オンデマンド型』のオンライン講演です。

講師は川口祐吾さん。「やる気スイッチ」「3秒でわかる」「たった3タイプ」というシンプル内容で、「大変よかった!」「もっと深く掘り下げて聴きたい!」と好評な講師です。

執行部役員さんの挨拶から始まり、

ゲスト(参加者)全員が各単組委員長さんということで、キミショウ自身もお付き合いある方もいらっしゃって、なんだかワクワクします。

1.心の負担をはねのける方法

皆さんはテンションとモチベーションは直結すると思いますか?

熱い言葉を言われた時にそれがそのままモチベーションになっていく方ですか?それともうるさく聞こえて一歩引きたくなるような方でしょうか?どうして違いが生じるのでしょうか?

そう、人間にはタイプがあるんです。上記は全て「ココロが満たされた顔」なんですが、微妙に違いますよネッ。その違いによって互いの誤解が生じてストレスに繋がる問題が起こったりする・・という理論です。

2. スイッチ(欲求)を入れれば行動できる

人がよく使う顔の筋肉によって顔のタイプが変わってくるから・・・やはりよく動かす筋肉って発達しますよネッ。

皆さんはどのタイプですか?

自分がどのタイプか試したい方、何が出来るかというより、どれが出来ないかを考えると自分のタイプが分かりやすいと思います。

オンラインならでは・・・途中で予め収録映像を皆さんに観ていただくシーンもあります。ちなみに右側の出演者は講師でもある浦上大輔んです。ブレイクアウトも1回入れられ、集中力切らせず参加して頂く工夫もされています。

3. 「自分だったら嬉しいこと」は相手にはストレス

モチベーションを動かす言葉に違いがあります。ですから違うタイプの人に自分では良い言葉をかけているつもりでも、それがストレスになっていることも少なくないのです。

もし、自分が相手のタイプを感じることが出来たら同じタイプの人を送ってあげることが良い手段です。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

「講演の最後に川口先生が、なぜこの講演を始めたかの話には感動しました。
川口先生が残された幾つかの単語は受講者の耳に残っており、
今後他人に感謝できる人間に変わる機会を提供いただけたと思っております。」

※チャンネル登録もお願い致します。

リンクアップビズチャンネル ~オンライン講演の匠~ – YouTube

変化を恐れていては何もできません。ピンチな状況こそチャンスの状況であるともいえます。

このコロナ禍をいかに乗り切るか?新たな壁を乗り越えることで、リニューアルした組合活動という形にいきつくかも知れませんし、我々はそのお手伝いをさせていただくべく、日々学び続けることで進化していきます!

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

川口祐吾さん講師ページ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。