【オンライン版】  一人一人の意識と行動が職場を変える
〜職場を変えるコミュニケーションのカギ〜
河合太介(かわいだいすけ)
河合太介(かわいだいすけ)
株式会社道(たお)代表取締役社長

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 若手~中堅組合員の方々

●企業 若手~中堅従業員の方々

講師からのメッセージ

日常のルーティンマネジメントができるだけでは、変革期の経営者、管理職は務まらない。
変革期には、変革期を乗り越えるためのリーダーシップが必要となる。その核となるものは2つある。
1つは、「ぶれない」こと。講師はこれを「父性のリーダーシップ」とよぶ。
もう一つは、「変革疲れに対するメインテナンス」。講師はこれを「母性のリーダーシップ」と呼ぶ。
 
では、この2つを実現するために、リーダーに求められる日常的な思考、行動特性とは何か。
学術論ではなく、講師が出会ってきた、優れた変革リーダーに共通する日常的特性から、そのポイントを具体的に学ぶ。

内容

01
今の時代にリーダーとして期待されること

・変革期のリーダーにまず必要なことは?
・変革をリードする
※「変革期」にリーダーとして人々を導くうえで大切な行動・考え方を、
 「変革リーダー」の実践的な経験から学ぶ

02
リーダーとして成功するために必要な3つの切り替え

・発信
・決断
・スタッフ主役
 ※一人でできることは大したことがない。変革は一人ではできない。

03
チーム力の方程式

・チーム力 =個人の力×個人間のつながり力
・つながり力の低い職場は招く組織リスク
 ※チームは自然とそこにあるのではなく、作りにいかないといけない

04
「個人の力」を高めるために必要なこと

・育成が重要な仕事
・「投げる」「振る」ではなく本当の意味での「任せる」を実行

05
「つながり力」を高めるために必要な4つのこと

・信頼感を得る =聴く力
・達成感を付与する =心理的安全性
・不安感に寄り添う =靴中の小石取り
・肯定感を付与する =感謝・認知

担当者より

 

日常のルーティンマネジメントができるだけでは、変革期のリーダーは勤まらない。

変革期には、変革期を乗り越えるためのリーダーシップが必要となる。

 その核となるものは二つ。一つは、「ぶれない」こと。

これを「父性のリーダーシップ」と呼び、もう一つは、「変革疲れに対するメインテナンス」。

これを「母性のリーダーシップ」と呼びます。

この二つを実現するために、リーダーに求められる日常的な思考、行動特性とは何か?

講師が出会ってきた、優れた変革リーダーに共通する日常的特性から、そのポイントを具体的に学ぶ。

(紀三井省次)

 

 

●講演実績

※地方銀行労働組合、大手製薬メーカー労組、電機メーカ、IT、損害保険、生命保険、電機、自動車製造企業など講演実績他多数あり。

 

※オンライン講演実績も多数ございます。

 

 

●オンライン講演記事

5/【新着】講演コンテンツ・アジェンダ集

 

 

講演テーマ一覧】 

1.一人一人の意識と行動が職場を変える 〜職場を変えるコミュニケーションのカギ〜

 

 

2.変革期のリーダーシップ  〜フォロワーシップを発揮したくなるリーダーシップ〜

【オンライン版】 変革期のリーダーシップ 

 

3.変革期のリーダーシップ  〜優れた変革リーダーに見る行動習慣〜

【オンライン版】 変革期のリーダーシップ 

 

4.キャリアデベロップメントセミナー 〜よりよく働くための5つのコツ〜

【オンライン版】 キャリアデベロップメントセミナー

 

5.本物のリーダーは引っ張らない 〜チームをつくる4つの感情スイッチ〜

【オンライン版】 本物のリーダーは引っ張らない

 

 

※河合太介さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

  https://onl.tw/PHgkn5c

 

 

視聴者ご感想

・オンラインで90分間していただいたが間に休憩はさんだりして、全く飽きることなく集中して聞くことが出来た。

・限られた時間でこちらの意向を充分に組んだ内容で、その対応力に満足しています。

・内容もよかったですが、非常に柔軟に講演内容を組み立てていただき、講演されていたので他の方にもお勧めしたいと考えます。

・講義内容も、聞き易く、参加者自身の頭でリーダーのあり方をイメージしやすいものであった。