【リアル&オンライン版】 仕事のパフォーマンスを上げる健康マネジメント
〜安心・安全・健康に働くことができる企業文化・人・職場づくりを具体化させる〜
水野雅浩(みずのまさひろ)
水野雅浩(みずのまさひろ)
ヘルシーライフマネジメント 健康マネジメントスクール主宰

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

●企業 管理職・リーダー職の方々(課長、部長など)

講師からのメッセージ

日本の産業構造は大きく変化しました。それは、人口の増加が経済に対してプラスに働く「人口ボーナス」から、
人口の減少が経済に重荷に変わる「人口オーナス」という大きな変換です。
今までのように健康を犠牲にしながら働く流れから、
これからは健康をベースに仕事のパフォーマンスを高めるステージに変わったことを意味します。
これらの理由から、経営戦略としての健康経営の導入の必要 性を感じている企業は少なくありません。
とはいうものの、 導入したいけれど、何から始めたらよいかわからない。
導入をしてみたものの手ごたえが感じられないという悩みも多いようです。

実は、健康経営を企業文化に定着させる には、経営者の熱い思いに加えて、組合員である従業員の皆さんの納得感が鍵を握ります。
今回は、 企業・行政・大学・大使館などで 健康経営の導入と定着を支援してきた水野さんが 、
事例を交えながら分かりやすく解説させて頂きます。
すでに、 職場で健康マネジメントを実践されて、健康意識の高い方も、幅広くお役に立つ内容です。

内容

01
そもそも、 なぜ健康経営なのか?

・健康経営って何なの?
・これから迎える、大激変の時代に備えられてい るか?
・なぜ、 職場で健康マネジメントを実践 するのか?
・健康戦略から、健康 を企業文化にするのは労働組合の役割

02
そもそも、 受動喫煙対策とは?

・マナーから、 ルールへ
・国としての方針は?
・受動喫煙対策の3Step

03
組合 として何ができるのか?

・会社への提案の素案
・案1)10分間 の Power Nap 制度の導入
・案2 )3分間 リフレッシュ 制度 の導入
・案3 )もしもミーティング
・案4 )健康 プロフィール、 生活習慣チェックリスト の活用


==============================================
※同コンテンツは、リアル(対面式)講演でもオンライン講演でも対応可能です。  
 大筋の内容は変わりませんが、デリバリー(講演の進め方)は若干変わる可能性がございますので、  
 ご了承ください。 

担当者より

 

「高い仕事の成果は、心技体によって支えられている」・・・まさしくの理論です。

我々はとかくビジネススキルに目を奪われがちですが、土台は自分の身体。

身体が正常でないと、全てに影響してきます。

単なる「健康講演」ではありません!健康体を手に入れることで、毎日のモチベーションも変わりますし、

エネルギー・踏ん張り度も高まることと思います!

・・・“高くて、安定した土台”を手に入れ、仕事の成果を“土台から、底上げ”していきましょう!!

 

 

●講演実績

全トヨタ労働組合連合会、豊田自動織機労働組合 

富士通株式会社、東レ株式会社、株式会社麻生グループ、株式会社中外製薬、アクサ生命保険株式会社  

三菱商事株式会社、JR西日本グループ、株式会社大日本印刷、コカ・コーラボトリング株式会社、大塚製薬株式会社など多数(※敬称略) 

 

※オンライン講演(ウェビナー)経験も多数あります。   

 

 

※水野雅浩さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

 https://onl.tw/3QmH9tX

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.健康経営の導入と定着に向けて 〜仕事のパフォーマンスを上げる健康マネジメント〜

【オンライン版】 健康経営の導入と定着に向けて

 

2.仕事のパフォーマンスを上げる健康マネジメント 〜安心・安全・健康に働くことができる企業文化・人・職場づくりを具体化させる〜

 

 

視聴者ご感想) 

・会場の年齢層に合わせて話をしていただき、参加者がいつもより興味を持って聞いていました。 

・参加者のほとんどが社外で、まだあまり会っていませんが社内の数名は食生活を意識した会話などが出ています。 

・人柄も良くて好印象でした。講演の内容も良くて私自身も機会があればまたお願いいたします。 

・とても好評でした。講演後も個別に質問されているかたもいるなど興味深かったようです。