【オンライン版】 リーダーに求められるメンタルへルスマネジメント力!
〜ラインケアを磨いて“強い組織”づくりへ〜
山本志のぶ(やまもとしのぶ)
山本志のぶ(やまもとしのぶ)
人材育成コンサルタント

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

●企業 管理職・リーダー職の方々(課長、部長など)

講師からのメッセージ

現在社会では、働く人のメンタルヘルス不調により休業者・離職者だけではなく自殺者も後を絶たない状況です。
組合役員(or管理職)としては組織全体の更なるメンタル強化の取り組みが求められます。
ところが、余裕がなく部下に目を向けられていない、部下と良好なコミュニケーションがなされていない、
あるいは役員自身がメンタル不調の場合もあります。

本講座では改めてメンタルヘルスの重要性と組合役員の役割であるラインケア
(より良い風土づくりに欠かせないコミュニケーションのあり方やいつもと違う様子に気づく、
メンタルヘルスへの正しい向き合い方など)に必要な知識やスキルを事例などを紹介も含め、
理論とワークで学んでいただきます。

■期待される効果
人間関係が改善し、業務効率化につながります
組合役員、管理職自身も自分の心のケアができるようになります

内容

01
メンタルへルスの現状とラインケア

・職場の現状を改めて確認する
・メンタルへルスに関するデーターから検知する
・組織として取り組むメンタルへルス
・でもその前に、上司であるあなた自身のメンタルは大丈夫?
・職場での問題点の把握と改善
 【※個人ワーク→ グループシェア】
・職場での人間関係、メンバーの業務内容や業務量、配慮が必要なこと抽出する

02
ラインケア対応術

・メンタル不調者に気づいた際の対応
・相談窓口は明確にしておこう

03
メンタルへルスの観点からのコミュニケーション

・前向きなコミュニケーションの土壌を築く
 【※ペアワーク】
・ネガティブ・アクティブリスニングの実践練習
・イライラするストレスフルなコミュニケーションを体感する
 【※ペアワーク】
・一方通行と双方通行コミュニケーション

04
職場でポジティブな言葉遣いの習慣を身につける

・声掛けネガティブワードをポジティブワードに変換練習
 【※ペアワーク】
 

05
承認欲求を満たして帰属意識を持てる風土づくりをする

・Iメッセージで褒め実践練習
 【※ペアワーク】

担当者より

 

●講演実績

※労組実績はございます。

※大手都市銀行、信用金庫、アパレル会社、製造会社、大手損保会社、建設会社など企業講演実績も多数あり。

※オンライン実績も多数ございます。

 

 

※山本志のぶさん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

 https://onl.tw/a7GC8jf

 

 

●オンライン講演記事

5/【新着】講演コンテンツ・アジェンダ集

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.強いリーダーが集団を組織に変える! 〜チームの成果をあげるリーダーシップコーチング〜

【オンライン版】 強いリーダーが集団を組織に変える!

 

2.リーダーに求められるメンタルへルスマネジメント力! 〜ラインケアを磨いて“強い組織”づくりへ〜

 

 

3.相手の心を動かす! 〜プレゼンテーションの極意〜

【オンライン版】 相手の心を動かす!

 

4.組織がイキイキ、ワクワクするために 〜聴き方・話し方を磨いて双方向コミュニケーションの達人に!〜

【オンライン版】 組織がイキイキ、ワクワクするために

 

5.キャリアセミナー  〜働きがいを⾃ら作り、イキイキ、ワクワク仕事をするために!〜

【オンライン版】 キャリアセミナー 

 

6.やる気と気づきを引出す!新入社員研修 〜社会人としての身に付けておきたい基本スキルを1日で習得〜

【オンライン版】 やる気と気づきを引出す!新入社員研修

 

7.メンタルヘルスマネジメント力を身につけて 〜”筋肉質な若手従業員(組合員)”になる!〜

【オンライン版】 メンタルヘルスマネジメント力を身につけて

 

8.組織がイキイキ、ワクワクするために 〜聴き方、話し方を磨いて、双方通行コミュニケーションの達人になる!〜

【オンライン版】 組織がイキイキ、ワクワクするために

 

9.自己分析&タイプ別 〜部下とのコミュニケーションで組織活性化〜

【オンライン版】 自己分析&タイプ別

 

 

視聴者ご感想

・元々技術系の仕事が長く人と関わることが少なかったことから、人前で話をしたり、   

 個人的に相談を受けるコミュニケーションの部分に少なからず苦手意識を持っていましたが、   

 今後は意識しながらやっていきたいと思います。 

・「話し方」と「聴き方」のセミナーがセットになっていることがとても良かったです。   

 多少の偏りはあっても相手と交互に会話のキャッチボールを行うわけで、   

 話し方だけを磨くのではなく聴き方も磨くことでより会話が弾むことが分かりました。 

・とても良かったです。コミュニケーション能力の向上に興味のある方や人と会話することに苦手意識を持っている   

 若手組合員には是非参加してもらいたい内容でした。 

・内容は基本に沿った内容であったため、受講者にとって分かりやすい内容でした。   

 また、ワークショップを多く取り入れたことで、実践的な行動変化の機会提供につなげることができました。 

・メンタルヘルスに関する組合役員への気付きの機会提供が本セミナーの目的であったため、大いに達成できたと感じています。 

・人前で話をしたり、個人的に相談を受けるコミュニケーションの部分に少なからず苦手意識を持っていましたが、      

 今後は意識しながらやっていきたいと思います。