【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.18

既に200ホスト以上の経験がある塾長が机上の空論ではなく、実際経験した中からお伝え致します。

・・・リアル(対面式)で開催されていた事業をオンライン開催する場合、最も留意しないといけないのは、講演部分だけでなく、事業全体の進行です。

―台本、オペレーションテーブル作成―

そのために必要となってくるのはオペレーションテーブル、タイムライン含めた台本作成。

家を造るのに設計図が必要なのと同様に、一つの事業進行するのには必ず台本は欠かせません。

塾長は基本フォーマットは作っているので、お客さまと打ち合わせしながらカスタマイズしていきます。

―エンターテイメント性要素―

このカスタマイズが重要で、どこまでエンターテイメント性要素を入れることが出来るか⁉️が、

オンラインディレクターとしての腕の見せ処になります\(^o^)/

ほぼリアルと遜色ないオンライン進行が可能です”を謳い文句にしてる塾長が多分、業界随一のオペレーションスキル、オペレーションアクティビティを持ってるので、

その部分で様々な提案をさせて頂けるし、差別化をはかっていけるんだと思います🎶

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

※オンラインオペレーションを内省化されたい執行部の皆さん、よろしければ200zoom(オペレーション)経験ある塾長が無料でレクチャーさせて頂きます!

・・・いかがでしょうか?オンライン講演事業に取り組まれる執行部さんのご参考になれば、幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。