尾林誉史(おばやしたかふみ)

精神科医・産業医/VISION PARTNERメンタルクリニック四谷院長
尾林誉史
1975年東京生まれ。東京大学理学部化学科卒業後、株式会社リクルートに入社。 リクルート時代、社内外や年次を問わず発生するメンタル問題に多数遭遇、解決に向けて付き添う中で目にした産業医の現状に落胆するも、 とあるクリニックの精神科医の働き方に感銘を受ける。 2006年産業医を志し退職。退職後、弘前大学医学部に学武編入。 東京都立松沢病院にて臨床初期研修修了後、東京大学医学部附属病院精神神経科に所属。 2020年にVISION PARTNER メンタルクリニック四谷を開業。 現在、note、面白法人カヤック、ジモティーなど20社弱の企業にて、産業医およびカウンセリング業務を務めるほか、メディアでも積極的に発信を行っている。

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

東京都

プロフィール

東京大学理学部化学科卒業後、株式会社リクルートに入社。
リクルート時代、社内外や年次を問わず発生するメンタル問題に多数遭遇。
2006年産業医を志し退職。退職後、弘前大学医学部に学士編入。
東京都立松沢病院にて初期臨床研修修了後、東京大学医学部附属病院精神神経科に所属。
現在は15社の企業にて産業医およびカウンセリング業務を務めるほか、メディアでも精力的に発信を行っている。
ビジネスパーソンの精神衛生を支える産業医の役割は、重要度を増すばかり。
30歳を目前に産業医に転身し、魂をこめて企業人の心に寄り添う。

著書に『先生!毎日けっこうしんどいです。元サラリーマン精神科医がみんなのモヤモヤに答えてみた』(かんき出版)がある。

【主なメディア出演】
<ラジオ> TOKYO FM「未来授業」  <WEB> 東洋経済オンライン  <雑誌> 女性セブン ほか

主な講演テーマ

  • 【リアル&オンライン版】 産業医が語る いま人事・労務に求められる
    ~ 従業員の健康管理 withコロナ時代における人事・労務と産業医のあるべき連携とは ~
    人事・採用 企業(人事部など担当者向け) メンタルヘルス(セルフケア・ラインケア・サポートケア)・レジリエンス
  • 【リアル&オンライン版】 元サラリーマンの精神科医が教える 
    ~ 働く人のためのメンタルヘルス術 ~
    ビジネススキル全般 企業(人事部など担当者向け) 組合役員向け モチベーションマネジメント 新入組合員・若手・中堅組合員向け モチベーション・集中力・主体性・自律型人材 女性組合員向け メンタルヘルス(セルフケア・ラインケア・サポートケア)・レジリエンス 健康

主な講演実績

 

●主な講演実績

 

●その他

オンライン実績多数あり。(双方向型研修、ウェビナー講演、ハイブリッド型等)

 

 

『企業と二人三脚で働く人を支えたい』

『心の健康、産業医の活用を』

 

 

※尾林誉史さん印刷用プロフィール資料

  制作:リンクアップビズ

  https://onl.tw/DpZppVN

 

 

オンライン講演記事

6/【新着】講演コンテンツ・アジェンダ集

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.117

 

 

講演テーマ一覧】 

1.元サラリーマンの精神科医が教える  働く人のためのメンタルヘルス術

【リアル&オンライン版】 元サラリーマンの精神科医が教える 

 

 

2.産業医が語る、いま人事・労務に求められる従業員の健康管理

 

 

 

視聴者ご感想

・うつ状態について大変わかりやすく、研修内容が大変よかったとのお声を頂きました。

・知識の習得とともに意識の変容に繋がったと思います。

・とても好評で良い内容でしたので、「次回も是非呼んでほしい」という声が多かった。

・「本当に今のままでいいのだろうか」だとか「治るのだろうか」と不安でしたが、

 何もしなくていいということがわかり、また復職までのプロセスがわかってきました。

・うつを治すには病院選びが一番重要で、いい病院の見極め方が分かりました。

・うつを治すためには自分の頭で考える必要があり、そのサポートをするのが

 精神科医やカウンセラーの役目になることが理解でき良かったです。