太田差惠子(おおたさえこ)

介護・暮らしジャーナリスト/NPO法人パオッコ理事長/AFP(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定)
太田差惠子
20年以上にわたる取材活動で得た豊富な事例を基に、「遠距離介護」「ワークライフバランス」 「介護とお金」など様々な視点から情報を発信。 「企業としては大切な人材を失いかねず、個人 としては生活設計が根底から崩されかねない」など、仕事と介護の両立について的確なアドバ イスを行っている。 机上の空論ではなく、数多くの取材・インタビューから基づいた情報は説得力 がある。 得意とするキーワードは「仕事と介護の両立」「遠距離介護」「老親介護とお金」「高齢者 施設」。

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

東京都、京都府

プロフィール

京都市生まれ。1993年頃より老親介護の現場を取材。
取材活動より得た豊富な事例をもとに「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」 等の 視点でさまざまなメディアを通して情報を発信する。
企業、労働組合、行政での講演実績も多数。AFP(ファイナンシャルプランナー)の資格も持つ。
一方、1996年親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」を立ち上げ、2005年法人化した。 現理事長。
2012年立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了(社会デザイン学修士)。
「遠距離介護」という言葉は、著書「もうすぐあなたも遠距離介護」(1998年出版)により社会に広まった。

<公的委員> 
・老人保健事業「認知症の家族介護者支援に関する研究委員会」委員(平成29年度)
・東京都「仕事と介護の両立推進ポータルサイト検討委員会」委員(平成27年度)
・厚生労働省「仕事と介護の両立に関する実態把握のための調査研究事業」委員(平成24年度)
・厚生労働省「家族介護者の実態と支援方策に関する調査研究事業~別居介護、遠距離介護をめぐる実態と支援のあり方~」委員(平成23年度)
・厚生労働省「安心と希望の介護ビジョン会議」メンバー(平成20年)
・国土交通省「都市再生・住宅セーフティネットのあり方に関する検討会」委員(平成20年) など

<TV/ラジオ出演など>
NHK「あさイチ」、BSジャパン「日経プラス10」、TOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」、NHK「ゆうどき」、NHK「団塊スタイル」、フジテレビ「ノンストップ!」ほか

主な講演テーマ

  • 【オンライン版】 介護は突然やってくる!
    ~ 介護と仕事、両立で乗り切る知恵と工夫 ~
    組合役員向け 新入組合員・若手・中堅組合員向け 女性組合員向け 介護
  • 【オンライン版】 介護は突然やってくる!
    ~ もし自分の配偶者に介護が必要となった時には? ~
    組合役員向け 新入組合員・若手・中堅組合員向け 女性組合員向け 介護
  • 【オンライン版】 介護は突然やってくる! 
    ~ 高齢者施設 お金・選び方・入居について ~
    定年退職前層向け 夫婦問題・介護問題 介護

主な講演実績

●金融労組を中心に労組実績はございます。

●2021年実績

・清瀬市消費生活センター「介護の知恵とお金の話」 

・朝日新聞社オンラインセミナー「介護は突然やってくる!いざという時の備え」 

・武蔵野市立男女平等推進センター「どうしてる? 遠距離介護 コロナ禍を乗り切るために」ほか (※敬称略)

●オンライン経験も多数あり、会場にいるかのような臨場感を作ります。受講者とやりとりしながらの双方向型です。

 

視聴者ご感想

・経験に基づき分かり易く話してくれる。今後、誰もが向き合わなければならないテーマだと思う。

・介護に携わったことがない組合員には好評でした。身内に介護者が出てしまっても心配することなく、

 相談できる窓口や費用での補助が受けられるといった安心感を伝えることができたようでした。

 ただ、介護を経験した人からすると、そんなに甘くはないとして、幾度も役所に行ったことやその大変さを訴える人もおられました。

・役にったった、貴重な話が聞けて良かったという意見が多く挙がってます。

 介護についての不安が解消した方や、今後情報を収集したいと行動に移そうとしている方も多くいるので目的は達成できたと思います。