【真のホスト道を極める方法】 ~ライバルはローランド⁉️~vol.10

我々ホストの最大の目的は「ゲスト(参加者)満足度をいかに上げるか?」そのために色んな努力の積み重ねが必要になりますが、それが我々ホストの真の役割になります!

―『入室管理』―

参加者(ゲスト)入室許可をしていくのですが、参加人数が多ければ多いほど整理するのは大変になってきます。そのため予め一定のルールを設けておくことをお勧めします。

一番の理想は、予め参加者名簿作成が可能であれば、“①紀三井省次” “②綾瀬はるか”といったように、番号・氏名表記をルールにすること。(番号が難しい場合は、氏名表記のみでも可)

塾長はそのアナウンスのための資料を作成し、予めお客さまに共有させて頂いています。

―名簿作成の効果―

そうすれば、開始時刻になってどなたが入室されていないか?把握出来ますし、講師は氏名表記していれば指名しやすいし、講演時に予定しているブレイクアウトや、講演後のグループディスカッションなどのグループ分けがスムーズに進みます。

参加者(ゲスト)によって、名前の変え方が分からない場合は、ホスト・共同ホストで協力し、声掛けし名前を確認した上で、こちらで氏名表記を変更する。

オンライン事業を円滑に進めるための基本が・・・入室管理時における“氏名表記”なんです。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

・・・“ホスト(千里)の道も一歩から”。エージェント業界最高値となる200zoomを今日までに経験した塾長の実体験からの塾長なりの“ホスト道”、そして今後より“ホスト道を極める”ための考察をしていきたいと思います❗️

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。