【リアル&オンライン版】 メンタルヘルスラインケア研修
山名裕子(やまなゆうこ)
山名裕子(やまなゆうこ)
公認心理師/心の専門家/やまなメンタルケアオフィス代表

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

●企業 管理職・リーダー職の方々(課長、部長など)

講師からのメッセージ

管理監督者として、部下のメンタルケアに必要な知識・対処法を実践的に学び、メンタルヘルス不全を予防するとともに、
職場のメンタルヘルス向上を目指す研修になります。

※ストレスセルフマネジメント研修受講が参加前提となります。
※ご希望の場合、ストレスセルフ研修も組み込むことも可能です。

■期待される効果
組織はストレスの要因が減り、個人はストレス耐性が上がります
心の健康度が高まり、コミュニケーションが活性化し相互支援が活発になります
組合役員、管理職自身も自分の心のケアができるようになります

内容

01
管理職として果たすべき役割と責任

・使用者の安全配慮義務
※「労働契約法」では、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、
 必要な配慮をするものとする。」(労働契約法第5条)と、使用者の安全配慮義務を定めています。

※職場の状況を日常的に把握できる立場であり、健康を損なうことがないよう配慮することが求められている等

02
職場環境を整える/ストレス状況の組織診断

・組織のフォロー体制、コミニュケーション環境
 若手の意見を聞ける状態であるか等
・朝礼の重要性、意味
・有給活用システム
・ランチタイムを活用したコミュニケーション術等

03
ストレス関連疾患の基礎知識、SOSのサイン

・部下を[知る][見る]ことの大切さ
・「知る」「見る」ことで、部下のストレスタイプを把握
 こういう症状が出てきたら危険と、具体的に伝授
 →部下のモチベーションアップにも影響します

04
部下との良好な関係構築

・信頼される、話しかけられる雰囲気を作具体的な手法
・叱り方、ありがとうの使用等、期待感の創出など

担当者より

 

テレビ朝日「モーニングバード」にコメンテーターとしてご出演され、

雑誌・WEBなどで「美人臨床心理士」として巷で話題になった山名裕子さん!

臨床心理士とは、臨床心理学に基づく知識や技術を用いて、人の“心”の問題にアプローチする“心の専門家”です。

日々のカウンセリングや、企業メンタルヘルスケア研修を通して「心の専門家」として、

労働組合など働く従業員の皆さんのココロの問題を解決してくださること間違いなし!!

 

 

●講演実績

東邦ガス、ダイキン工業労組、中部ダイバーシティNet、トヨタ労働組合、三井住友海上労働組合

日立ソリューションズ労働組合、連合兵庫東部地協、連合和歌山 JAM大阪など講演実績多数あり。(※敬称略)

 

●オンライン講演実績多数あります。

 

●その他

直接組合との関わりはありませんでしたが、当社にて労組セミナーを受講していただき、

労組マーケットレクチャーを聴いて頂いた上で、組合向けコンテンツを共同作成いたしました。 

 

 

※山名裕子さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ) 

  https://adobe.ly/3JgOc7C

 

 

オンライン講演記事

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.59

 

 

講演テーマ一覧 

1.現場で使える役に立つ心理学 〜これを知っておけばどのような場面でもOK!〜

【リアル&オンライン版】 現場で使える役に立つ心理学

 

2.ストレスセルフマネジメント研修 〜ストレスに負けないココロの作り方〜

【リアル&オンライン版】 ストレスセルフマネジメント研修

 

3.メンタルヘルスラインケア研修

 

 

視聴者ご感想

・今まで招いた講師の中でも一番良かった!「ビジネスに役立つ心理学」ということで、どの職種にも応用できますし、  

 ワークがふんだんにはいるので、誰ひとり寝ている人もなく、今期一番最後の事業として、うってつけでした。ありがとうございました!

・参加者が自分自身の長所や短所・日々の言動を振り返り、マイナスのレッテルを貼らずに  

 前向きに物事を捉えることの大切さやコミュニケーションにおいて相手に好印象を与える言動を学び、  

 組合活動に限らず業務や私生活においても参考になる講演であった。

・講演内容が分かりやすく、参加者が20歳台半ばから後半の若手層中心であった為、  

 自身の中で腹落し易かったと思うが、参加者は組合組織においては各職場のリーダーという位置付けであり、  

 そういった目線からの講演で自己成長を促すエッセンスがあっても良かった。

・この度は大変お世話になり、ありがとうございました!「ビジネス心理学」ということで  

 普段の我々の仕事にもスグ活かせる内容が多かったですし、「ためになる話だった」という感想が多かったです。

 ありがとうございました!