【リアル&オンライン版】 若手組合員(従業員)が絶対身につけておきたい!  
〜たった1分で自分をやる気にさせる話術ペップトーク〜
浦上大輔(うらかみだいすけ)
浦上大輔(うらかみだいすけ)
魂に火をつける講演家/(一財)日本ペップトーク普及協会 専務理事

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 新入組合員、若手~中堅組合員の方々

●企業 新入社員、若手~中堅従業員の方々

講師からのメッセージ

ペップとは元気・活気、ペップトークとはアメリカ生まれの激励のショートスピーチです。
元々はスポーツの試合前に監督が選手を励まし、やる気にさせる言葉がけですが、現在はビジネスリーダー必須のスキルになっています。
次世代リーダーとなる若手のみなさん、まずは自分を励まし、やる気に火をつけましょう。
そしてペップトークを身につけ、次世代リーダーとして同僚や後輩のやる気に火をつけましょう!

■期待される効果
自分で自分を奮い立たせることが出来るので、よりモチベーションが上がります。

内容

01
私たちは励まし方を習ってない
02
やる気になる言葉、やる気をなくす言葉

・やる気が出た最高のペップトーク、やる気を失った残念トーク
・【※ワーク】個人ワーク
・承認のピラミッド

03
やる気を最大限に引き出すペップトークのつくりかた

・人がやる気になる論理的メカニズム
・ペップトークはシンプルな4つのステップでつくる

04
自分自身をやる気にさせるペップトーク

・とらえかた変換〜上司のカラクチ指摘をペップトークに変換!〜
・【※ワーク】個人ワーク
・してほしい変換〜自分自身にスイッチを入れる言葉をネガポジ変換〜
・自分をやる気にさせるペップノート 
 【※ワーク】 ※グループワーク ブレイクアウト機能


※リアル講演と比べて
 リアル講演では2人組でのディスカッションを多めに相互の気づきを促しますが、
 オンラインではリアルよりもむしろ集中できる環境になるので個人ワークで自分と向き合う時間を長めにとります。

※リアル講演との違い、カスタマイズなど
・リアル講演では、全体の5割はワークやディスカッションで構成しています。
 オンラインも同割合で構成しますが、ディスカッションの代わりに 
 【個人ワーク】を多く取り入れ、主体性をもって参加しやすくします。
・通常はスライドの投影しながら進めますが、個人ワークを進めやすくするために、
 テキストを画面共有し、講師がポイントやワークの答えをリアルタイムで書き込む形で進めます。
・ワークの内容共有や簡単なアイデアのシェアなど、参加者からの発言機会をつくり、
 双方向コミュニケーションが取れる工夫をしています。
・リアル講演と同様、「体感」「体得」ができるワークを用意しています。

担当者より

 

PEPとは元気・活気という意味です。つまりPEPトークとは、元気・活気を与えるトークの手法です!

「ペップトーク」の第一人者岩崎由純氏と共に日本ペップトーク普及協会を設立した方。

日々の自分の役割や仕事を自己承認し、自分の価値を創造する。そのために自分の物事の捉え方のパターンと普段使っている言葉に気付くことが重要です。

私たちは励ました方を習ったことがありません。だからこそしっかりと励まし方を身につけることで、生産性も上がり、仕事もプライベートも充実します。

若手のみなさんは、人を励ます前にまず自分を鼓舞することが必要です。そして自らのパフォーマンスを上げ、責任ある立場になっていきます。

ペップトークを身につけて、次世代リーダーとしてまず自分自身をそして同僚や後輩のやる気に火をつけましょう! 

(紀三井省次)

 

 

●講演実績

※各地方銀行従業員組合、横浜トヨペット労組、中外製薬労組、本田技研労組、東京海上日動火災労組など労組実績多数。(※敬称略)

 

※20組合以上の実績、オンライン経験も豊富です。

 

※直接組合との関わりはありませんでしたが、当社にて労組セミナーを受講していただき、労組マーケットレクチャー を聴いて頂いた上で、

 組合向けコンテンツを共同作成いたしました。

 

 

●オンライン講演記事

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.57

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.若手組合員(従業員)が絶対身につけておきたい!     
 〜たった1分で自分をやる気にさせる話術ペップトーク〜

 

 

2.リーダーが絶対身につけておきたい! 
 〜たった1分で相手をやる気にさせる話術「ペップトーク」〜

【オンライン版】 リーダーが絶対身につけておきたい! 

 

 

※浦上大輔さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

  https://onl.tw/5tAhqjG

 

 

視聴者ご感想

・大変良かった。今回各単組若手組合が対象でしたが、とても元気で参加者がモチベーション上がる内容で、

 自分と相手に対するペップトークという考え方も腑に落ちました。

・大変良かった!映像を効果的に使用しながらの進め方で興味持ちながら聞くことが出来ました。

 そして、中にワークが入ったり、能動的に参加しながら学べる内容で「現場でも使える」と好評でした!

・大好評でした!心に響く内容で、参加者からの感想も「大変良かった!」「良かった!」という声が大半でした。

・爽やかな方で、講演前のレクチャーにもご参加いただき、協力的な印象でした。

・今回労使ということで、組合役員には分かりやすく、ワークなど動きが入る内容でしたので、

 非常に腑に落ちた!という声が多かったです。

 役職の皆さんも、「上司として部下にいかに接するか?」という部分で共感できることが多かったようです。