永里真由美(ながさとまゆみ)

働き方アドバイザー/人材育成コンサルタント
永里真由美
大和証券では社員研修などを担当し、新入社員から管理職まで約2,000人の人材育成に携わる。出産を機に退職し、その後、女性のスキルと企業のニーズを結び付ける起業・再就労支援「マーレキャリア塾」を主催。経験を基に、女性の働き方支援から地域創生に繋げる活動を精力的に行っている。 2000年に結婚。初めての専業主婦、2年後に待望の長女を出産。その後、子どもに関わるビジネスで起業し、2013年7月に「ランドセルアドバイザー」として全国でセミナーを開催。ニッチな市場でナンバーワンのビジネス構築を行い、2年間で16社のメディアに掲載される。 現在は、プレシャスママ起業塾で“ゼロ”から“イチ”にするビジネス構築や、ニッチなエリアでナンバー1を如何に構築し、大手ではない独自のエリアで仕事を進めるかついて、セミナー、マンツコンサルを行う。また女性の働き方を支援する受け入れ先の中小企業の研修やコンサルティングも行い、企業の人とお金の時間の問題を“女性のスキル”で解決する、働き方アドバイザーとして活動。

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

兵庫県

プロフィール

大和証券に入社し、営業部門から人材開発部にて社員研修を行う。教育部門では新入社員から管理職まで約2,000人の人材育成に関わる。
この間に、人を育てる、能力を活かすといった研修プログラムを企画・運営し、実績を積む。
当時は女性が、ライフとワークを両立する事が難しい環境だったため、総合職でありながら、出産を機に退職。
仕事を続けることが難しい環境を整えたいと、株式会社マーレとして起業する。
現在は、就職、総合職転換、転勤、転職、退職、専業主婦、再就職、起業という経験を活かし、講演、研修等を行っている。
川西市「女性起業サポート業務」、芦屋市「女性かがやく街芦屋」プロジェクトを受託運営。

<セミナー実績>
・2015年11月 川西市男女共同参画センター『あなたの「夢」を「形」にするセミナー』
・2017年2月 大阪府内創業支援機関ネットワーク会議 『ご当地創業塾、女性起業支援について』
・2018年7月 日本経済新聞社大阪本社 販売局主催  日経ウーマノミクスセミナー
       『起業する女性にとって必要なこと(対談)』
・2017年11月 日本経済新聞社大阪本社 販売局主催  日経ウーマノミクスセミナー
       『可能性が広がる 女性の多様な働き方について』 企画コーディネイト
・2018年2月  芦屋市商工会女性部主催 『芦屋の女性の為のキャリア構築支援セミナー』
・2018年3月 創業塾芦屋商工会主催  『芦屋創業塾』 

<専門テーマ>
経営戦略としてのテレワーク導入と働き方改革/働き方改革/内定者・新入社員向け/リーダー・管理職向け/若手社員向け
タイムマネジメント/テレワーク/生産性の向上と働きがい作りの定着/社長と社員のギャップを埋める研修

<メディア出演>
▷テレビ
2014年 8月15日 テレビ大阪 「夕刊7チャンネル」
2014年 3月24日 テレビ朝日 「ニュースなぜ太郎」
2013年 7月23日 テレビ大阪 「夕刊7チャンネル」

▷ラジオ
2013年 6月25日 NHKラジオ第1 土曜あさいちばん
2014年 6月17日 こうべあしやnetTVの「キラキラウーマン」インターネットTV
2014年 8月23日 『FAM+KEY(ファンキー)スマイル」ラジオ
2014年 8月 8日 fmGIG マゴちゃんのツナガリっちょラジオ

▷雑誌・Web
2014年 3月24日 Yahoo!JAPAN「カリスマ主婦 趣味から仕事へ」
2014年 3月23日 産経新聞WEB版 ・2014年 3月19日 週刊朝日

主な講演テーマ

  • 【オンライン版】 withコロナ
    ~ 経営戦略としてのテレワーク導入と働き方改革  ~
    ビジネススキル全般 企業(人事部など担当者向け) 組合役員向け 働き方改革

主な講演実績

 

 

●講演実績 

 
※川西市男女共同参画センター、大阪府内創業支援機関ネットワーク会議、日本経済新聞社大阪本社販売局 
 
 芦屋市商工会女性部、創業塾芦屋商工会 『芦屋創業塾』など多数あり。   
 
※直接組合との関わりはありませんでしたが、当社にて労組セミナーを受講していただき、      
 労組マーケットレクチャーを聴いて頂いた上で、組合向けコンテンツを共同作成いたしました。     
 
 

※永里真由美さん印刷用プロフィール資料   

(制作:リンクアップビズ)     
 
 
 

視聴者ご感想) 

・今必要だと思う内容だったので、テレワークの環境と働き方改革を同時に進めていきたいと思います。 
 
・働き方改革の必要性はあると思いながら、取り組みが出来てない状況でしたが、できる事からスタートしたいと思います。 
 
・自社でどう取り組むか模索している中で、分かりやすく説明頂き、 具体的な方向性が見い出せたので、いい機会になった。 
 
・とても好評で良い内容でしたので、「次回も是非呼んでほしい」という声が多かった。