【リアル&オンライン版】 捕手目線のリーダー論
〜六つの要〜
矢野燿大(やのあきひろ)
矢野燿大(やのあきひろ)
元 プロ野球選手/元 阪神タイガース監督

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 全階層の方々(若手組合員から組合役員まで)

●企業 ビジネスパーソン全般(若手従業員から管理職まで)

講師からのメッセージ

捕手という現場のリーダーとして、長年にわたり活躍した矢野氏。
これまで様々な名将と呼ばれる指導者のもとで、チームマネジメント能力を磨いてきた。

六つのキーワード「闘争心」、「決断力」、「責任感」、「求心力」、「反骨心」、「奉仕力」を元に、
強い組織を作るためには指導者やリーダーに何が求められるのかを、エピソードを交えてお話し致します。

■期待される効果
1つ場所で1つのことをやり続ける力の大切さを理解することができる
何事も経験と、決して逃げ出さないことを学ぶことができる
短所を長所に変える方法を学ぶことができる

内容

01

担当者より

 

プロになって満足してしまった部分があったそうですが、3年経った時に同期入団のピッチャーがクビになり、

危機感を抱いてより努力するようになったそうです。

スコアラールームに行って研究したり、帰ってからも公園でスイングしたり。

そうして自分から動き出したことで試合への出場機会を得て、長く現役を続けられたのだと感じました。

 

●講演実績 

 

 

 

 

 

●オンライン講演記事 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.145

 

【講師著書から読み解くビジネスの真髄】㊵

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.137

 

 

※矢野燿大さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

    https://onl.bz/fKRUXMR

 

 

講演テーマ一覧】 

1.信じきる力! 矢野流チームマネジメント

【リアル&オンライン版】信じきる力! 

 

2.捕手目線のリーダー論 ~六つの要~

 

 

  (視聴者ご感想) 

・関西では、阪神タイガース関連が非常に人気であることを改めて実感しました。  

 動員効果を考えると十分お薦めできます。矢野様自身も大変紳士な方で好印象でした。 

・お話の各所で矢野氏の誠実な人柄がみられ、大変楽しい講演会でした。  

 参加者からもとても好評であったと聞いています。

・未来を切り開くには「何事も前向きな気持ちが大切」とフレーズが突き刺さりました。

・野球にまつわる数々のエピソードを自らの野球人生に重ね、関西ならではのユーモアを交え、

 楽しくしお話して頂き、参加して良かったです。

・矢野さん自身の野球人生を振り返り、監督としての思い出や今年の阪神についての話を展開されたので、

 興味深く聞くことが出来ました。