【リアル&オンライン版】 組合役員のための
〜春闘に向けた財務諸表の見方〜
前川敏幸(まえかわとしゆき)
前川敏幸(まえかわとしゆき)
ハリマ経営総合事務所所長/社会保険労務士/元 NEC兵庫労組 副委員長

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

講師からのメッセージ

春闘において経営側と交渉を進めていく上で、要求を勝ち取るためには根拠をもって論理的に主張していくことが重要となります。
そのためには、自社の財務諸表を分析して経営実態を把握する能力が労組幹部には求められます。
本セミナーでは、労組幹部として経営側と交渉した経験を持つ前川敏幸氏が“春闘に活かす”ことを目的に
財務諸表を分析する上で必要なポイントについて解説いたします。

内容

01
財務諸表とは

・財務諸表の種類
・財務諸表と決算書の違い
・財務三表とは

02
財務三表の見方

・貸借対照表(B/S)
・損益計算書(P/L)
・キャッシュフロー計算書(CF)

03
財務指標の計算

・安全性 ・収益力

04
付加価値生産性と労働分配率

・売上高と費用について
・損益分岐点の計算
・売上高の変化と損益分岐点


==============================================
※同コンテンツは、リアル(対面式)講演でもオンライン講演でも対応可能です。  
 大筋の内容は変わりませんが、デリバリー(講演の進め方)は若干変わる可能性がございますので、  
 ご了承ください。 

担当者より

 

労使交渉に臨むにあたり、単純に労働条件や賃上げ交渉だけでなく、

 自社の経営チェック(経営分析)、財政状況がどうなっているかチェックしなければなりません。 

 自社に対する正しい認識が組合側にあってこそ、会社側も正面向いて交渉についてくれることと思います。 

 組合役員として経営側と交渉した経験を持つ前川敏幸氏が“春闘に活かす”ことを目的に財務諸表を分析する上で

 必要なポイントについて解説いたします。

 

 

●講演実績

地方銀行従業員組合はじめ、エネルギーメーカー系労組、運輸系労働組合など労組実績多数あり。 

オンライン講演実績もございます。   

 

 

●オンライン講演記事

【オペレーション日記】vol.65 ~前川敏幸さん~

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.60

 

 

※前川敏幸さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

  https://onl.tw/hpv4gjc

 

 

講演テーマ一覧】 

 

1.労働組合の役割と労使協議のあり方 ~魅力あるリーダーとは?~

【オンライン版】 労働組合の役割と労使協議のあり方

 

2.これからの労使関係 〜労使協調で強い会社を目指す〜

【オンライン版】 これからの労使関係

 

3.組合役員のための労働法の基礎知識 〜知って役立つ労働法〜

【オンライン版】 組合役員のための労働法の基礎知識

 

4.組合役員のための 〜春闘に向けた財務諸表の見方〜

 

 

視聴者ご感想) 

・参加者の組合役員の皆さんはとても熱心に耳を傾けていたし、講演後には具体的な質問が5件ほどいただき、反応が良かった。

・組合役員に好評でした。今後は毎年春に反省会としてもう少しテーマを絞って再び前川さんにお願いするのも良いかなと思っています。     

 要望に合わせて調整していただけるので、良いと思います。 

・視聴者は三役が多く、労働組合への知識・経験も豊富な方が多かった。

 そのような中、規範を打ち破る気づき、再認識することが多かった。 

・各単組のニーズに沿った内容でした。 前川さんには、そうした背景を十分にご理解いただき、意識した講演内容とし、   

 また表現も分かり易かったため、内容の腹落ちが出来て良かったと思います。 

・前川先生の引きつけられる講演のうまさ、質問に対してズバッと言い切っていただける歯切れの良さと

 明確な回答内容が、とてもありがたかったです。 

・事前の情報開示から終了後のフォローまで丁寧にしていただき、大変いい講師だと満足しています。 

・当労組の特色、支部の活動内容に合った内容をいただき、同時に講演いただいた労組執行部としての意識についてと合わせて、     

 講演後のグループディスカッションを通じた今後の労組活動についての目標が見えました。 

・これからという人に基礎的な内容がしっかり入れてくれたのでよかったです。   

 前川さんが労組の出身でもあったので熱く話してくれたところも良かったです。