【オンライン版】 心理的安全性が高い職場を目指そう!
〜コミュニケーションの工夫でハラスメントをなくす〜
長谷川孝幸(はせがわたかゆき)
長谷川孝幸(はせがわたかゆき)
風土刷新コンサルタント/一般社団法人日本ほめる達人協会特別認定講師

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

●企業 管理職・リーダー職の方々(課長、部長など)

講師からのメッセージ

「円い玉子も切り様で四角、ものも言い様で角が立つ」といいます。
同じことを言っていても相手が不快だと強く感じれば、それはハラスメントと捉えられてしまいます。
「嫌いだから潰してやろう」「生意気だから困らせてやろう」という明確な悪意があるわけでもないのに
ハラスメントだと誤解されてしまっては残念です。

お互いに不愉快にならないものの言い方を工夫することで、
ハラスメントを未然に防ぎ新たな不快が発生しない職場づくりを推進します。

内容

01
ハラスメントとは何か

・仕事上のハラスメントの概要 
・なぜハラスメントはいけないのか
ハラスメントが起こりやすい職場風土

02
わかりやすいコミュニケーション

・互いに「話はわかりやすく」
・SMARTの法則
事実と私見を分ける

03
安心できるコミュニケーション

・アサーティブにやりとり
・雑談力を身につける
「ほめる・叱る」を怖れない

04
ハラスメントからリスペクトへ

・感謝のコミュニケーション
・「言いたいこと」から「ききたいこと」へ
・非言語コミュニケーションの活用

担当者より

 

●講演実績

※ゼネコンおよびグループ会社(清水建設・大成建設・フジタ・前田建設工業・安藤ハザマ)

 住宅メーカー(リクシル・パナホーム・セキスイ・ ミサワホーム)

 製造業(トヨタ・パナソニック・森永乳業・明治製菓・日立・東芝・IHI・レンゴー)など講演実績多数あり。(※敬称略)

 

※オンライン講演(ウェビナー)実績多数あります。

 

 

●オンライン講演記事

【講演企画担当者が知っておくべきことvol.62】

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.59

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.55

 

【講演企画担当者が知っておくべきこと】vol.49

 

 

※長谷川孝幸さん印刷用プロフィール資料

 (制作:リンクアップビズ)  

 https://onl.tw/mLcZd2w

 

 

講演テーマ一覧】 

1.ストレスフリーな職場づくり ~段取りでメンタルヘルス~

【オンライン版】 ストレスフリーな職場づくり

 

2.SDGsで自社の価値を再発見 ~守りたいものを永く守っていくために~

【オンライン版】 SDGsで自社の価値を再発見

 

3.職場を安心・安全にして労災ゼロに ~ほめる職場が労災を防ぐ~

【オンライン版】 職場を安心・安全にして労災ゼロに

 

4.心理的安全性が高い職場を目指そう! ~コミュニケーションの工夫でハラスメントをなくす~

 

 

5.ヒューマンエラーをなくすには ~「ちゃんと」気をつける~

【オンライン版】 ヒューマンエラーをなくすには

 

 

視聴者ご感想

・難しいことではなくすぐに取り組める内容だった。あたりまえのことを確認することで自分の改善にも部下指導 にも役立つ。

・ストレスケアをどうすればいいかわからなかったが、いいヒントになりました。

・スピーディーに話が展開するので参加者から、「また呼んでほしい」という声が多かった。

・安全大会や安全講習は義務だから受けていたが、内容には飽きていた。今回は楽しく受講することができよかった。 

・製造現場だけでなく内勤職にも必要な考え方だと思いました。 

・グループ会社の人たちにも聞かせたい。現業の人たちにもわかりやすいと思う。