【リアル&オンライン版】 人を組織を動かすプレゼンテーションの極意
新名史典(しんみょうふみのり)
新名史典(しんみょうふみのり)
プレゼンテーションコンサルタント/組織開発コンサルタント/株式会社Smart Presen 代表取締役

想定する視聴者(Suppose Audience)

●労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

講師からのメッセージ

プレゼンテーションは決して「言葉巧みに説明すること」ではなく、
みなさんが直面されているリーダーシップの発揮に大いに貢献してくれるスキルです。
組合役員として組織を動かすためには、様々な分析、問題抽出、それに対する解決策の提示、
そしてそれをインパクトをもって伝えるプレゼンテーション力が必要です。

プレゼンテーションは、考え方と方法によって必ずみなさんが発揮できるスキルです。
プレゼンテーションの目的は、相手に「動いて」もらうことです。
そのための方策をご提供いたします。

内容

01
陥りやすい3つの落とし穴

・人はどんな話なら聞きたいでしょうか?聞きたくない話とはどんな話ですか?
・人はだれも説得されたくない
・プレゼンは全方位に発揮できるリーダーシップ

02
自分の課題と相手の課題から「共通課題」を見出す方法

・わかりやすさ×聞く態勢で人は動く!
・自分の課題と相手の課題から「共通課題」を見出す
・もし意見が対立したり、怒っていたら?!

03
伝えたい話の論理を見える形で構築する

・話の構成を見える化すれば慌てない!
・全部伝えない方が「聞く態勢」ができあがる
・共通課題を構成のどこにいれるべきか?

04
伝わるための3つのポイント

・伝えると伝わるは違う
 ①相手のわかる表現を使う!  
 ②相手に時間(空間)を与える!
 ③情報は絞り込んだほうが良い!(ただし、資料と説明を連動させる!)

05
人は感情で受け入れ、論理で納得する

・北海道日本ハムの大谷投手はなぜ当初の主張を変えて入団したのか?!
・本日のまとめ


==============================================
※個人ワーク・グループワーク・ディスカッションなどアクティビティ重視!のオンライン講演です

※リアル講演との違い、カスタマイズなど    
 ・ワークの内容共有や簡単なアイデアのシェアなど、参加者からの発言機会をつくり、      
  双方向コミュニケーションが取れる工夫をしています。    
 ・リアル講演と同様、「体感」「体得」ができるワークを用意しています。


※同コンテンツは、リアル(対面式)講演でもオンライン講演でも対応可能です。  
 大筋の内容は変わりませんが、デリバリー(講演の進め方)は若干変わる可能性がございますので、  
 ご了承ください。

担当者より

 

プレゼンは話を聴いてうまくなるものではありません。

「その人」のプレゼンがうまくなるように、具体的な方法論としてサポートさせていただきます。

プレゼンは決して大勢の前で話すことだけではありません。

1対1の報連相、会議などでの発表、ファシリテーション、ビジネスでのコミュニケーション全てがプレゼンです。

プレゼンが苦手な人に、「その人の」プレゼンがうまくなる極意を伝授します! 

(紀三井省次)